【中央競馬】9/6 新馬戦 障害戦 注目馬

新馬・障害

こんにちは。

日曜の見解を書いていきます。

簡単に土曜見解を振り返ると障害の未勝利がばちっとハマったかなと思います。

新馬に関してはそこそこというくらいでハマったという感じはないので残念でした。

日曜は新馬の精度を上げていきたいと思います。

新潟

トラックバイアスはちょうど馬場真ん中あたりにある感じですが、前の馬がそのあたりに出すので後方勢はそれより外を回らされて伸びてはいるけど届かないという印象です。

血統傾向としては、外回りに限れば最終週にしてようやくディープ系が走り始めたという感じです。

キングマンボ系も走っていますから主流血統が狙い目ですね。

5R 新馬戦(芝外1800m)

☆血統注目馬 4,7,10,11,13,14

ディープとキングマンボ系を挙げました。

キングマンボ系挙げたのに16が入ってないじゃないかという点に関しては、

ルーラーシップやロードカナロアも緩さが残ったりする傾向があるのですが、キングカメハメハに関しては、もっと緩さだったり華奢な感じが目立ち新馬からいきなり走れる体勢にないことが多いので挙げませんでした。

4はワーケアの半弟というところで、ルメールはワーケアに乗るためではなくこの馬に乗るため新潟に乗りに来たという話があります。

ディープ×ダンチヒ系なので早くからそこそこに走れると思います。

☆調教注目馬 3,7,11,13,14

3はそこそこという感じです。コースと坂路使い仕上がっています。

血統と合わせて見ると新潟向きではないかなと思いますが、水準級の動きです。

7も同様に坂路とコース使いながら仕上げています。

ブリンカーを着用後に動きが良くなったというコメント通り8/26の時計は騎手乗って単走でしたがいい時計です。

もうセン馬ということも考えると気性が少しきついのかもしれませんが、ブリンカーと単走の感じを見るとトラックバイアスには反しますが気持ちよく逃げていくと面白い存在だと思います。

11と14は挙げた中では落ちますが、過程が良かったので挙げました。

13が一番良いと感じます。

ただ、陣営からも気性面に関するところが出ていますから、気で走っているところもあると感じます。

コースで併せにはなりますが、末を伸ばす練習も積んでいますから新潟でも走れると思います。

一週前田辺騎手乗せての時計が抜群です。

土曜に負傷しておそらく乗れないと思いますので、乗り替わりは多少マイナスだと思いますが馬の能力はあると思います。

4についても話しておくと、末はキレるんだろなという印象です。

調教時計はあまり目立つものではないので評価しかねますが、この厩舎とノーザンなので外厩で仕上げたものを余計なことしないように調整している説もありますね(笑)

ノーザンで末を伸ばす調教と今の傾向を考えると圧倒的パフォーマンスを見せないまでも勝負にはなりそうではあります。

繰り返しますが、厩舎で出された時計と過程はイマイチなので挙げませんでした。

小倉

明日雨が降るのか微妙な感じですね。

予報を見ていると開催中は持つかなという感じなので一応良で予想を組みたいと思います。

トラックバイアスも完全に外ですね。内は使えません(笑)

先行馬たちも空けて走るので後方勢は外回すよりもばらけた先行勢の間を突いてくる形が良いと思います。

これに関しては騎手次第ですが(笑)

血統も小回り適性が要求されない分で主流血統が走りやすくなっています。

1R 障害未勝利

ミッキーブラックの相手探しかなという感じですね。

ミッキーブラックについて見ていくと飛越は基本安定していると思います。

一つ気になるのは前走でスピードを上げての飛越がなかったところですね。

平地力で上回っている分目立たなかったですが、そこを経験していないのが唯一の気になるところです。

おそらく今回も同じやり方で十分勝負になるので問われない能力だと思いますが、そうなった場合に不安要素があるという重箱の隅をつついてみただけです(笑)

逆転候補、相手筆頭を評価順に挙げていくと7,3,1です。

まず7を筆頭とします。

前走初障害でなかなかいいところはなかったですが、飛越はきれいですからこれを実戦のスピードでもできれば勝負になると思いますし、その辺の慣れでの上昇を見込んでの逆転、相手筆頭候補としました。

前走は馬場もタフでした。血統からこなせてもいいとは思いますが、ディープ産駒でもあるので良馬場で見てみたいと思いますし、そちらのほうがこの馬にとってもいいと思います。

次に3に関しては、どこまで飛越が上手くなっているかというところに尽きます。

初戦は典型的な平場の力はあるが飛越がまだまだというタイプでした。

具体的にいうと、飛越の度に置かれてしまい、平地で巻き返していたという感じでした。

前走は終始ラチぴったりつけての競馬にはなっていましたので着順ほど評価はしかねるというところです。

ただ、平地力はやはり障害の中に入ると上位なので、飛越で置かれる面が2戦目で解消できれば良いと思います。

この騎手の2戦目は割と決めにくることが多いのでそこは買いポイントかなと思います。

1に関しては初障害なのですが、時計がよかったのでこのメンバーなら食い込んできても良いかなというところです。

毎回テンション高く入れ込み気味に馬なので、この馬が最初の飛越をきれいにクリアできれば逃げると思います。

ケンホファヴァルトが2番人気というのも相当だなと思いますし、軽視したい1頭なのでなんとか連までは3頭どれか逆転してほしいです。

5R 新馬戦(芝1800m)

☆調教注目馬 7,8,10,12,14(2,3,4)

主流血統を挙げただけです。

()内は一応雨降った時用に挙げておきました。

雨降ったらとりあえず黙ってゴールドシップ買いましょう(笑)

☆調教注目馬 3,9,10,11,13

血統注目とあまり被らないという難しさ・・・(笑)

3は目立つ時計は出ていないですがゴールドシップ産駒ということを考えれば十分だと思います。

あとは競馬で力を出せるかだと思います。

9,10,11は坂路とコース長めを使って調整して仕上げてきています。

10はもう一つ時計が欲しかったですが、長めを何本も乗られていることはプラスととらえたいです。

9が好みもありますが一番仕上げられていると思います。

13の判断がなんとも難しいですが、時計はばっちりです。

コースが1本なのが好みではないですが、その1本でも時計がしっかり出ているので、ただ坂登りが上手い馬ではなさそうです。

人気になりそうな7について書いておくと、過程と時計から見た印象は大したことなさそうという感じです。

一杯に追ってその時計なら負けても不思議はないですし、池江厩舎でこの調整方法はあまり仕上がっていないときに似ている印象です。

なので挙げませんでした。

まとめ

以上になります。

明日は札幌の新馬がないんですね。

見解述べたのが3つなので全て好結果が出せればよいのですが、そうも甘くないと思うので2つは勝ち馬輩出したいですね。

基本参考にしてくださいスタイルで書いているので、私の書きっぷりからそれぞれの熱量は伝わるかもしれませんが挙げた馬から上手く自分のスタイルと合わせて考えてもらえるといいかなと思います。

新潟1Rで狙いたい馬をランキング紹介文に書いておきますのでそちらもぜひチェックしておいてください!


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました