スポンサーリンク

【東京・中京】6.5 推奨馬

新馬・障害

こんにちは

土曜日の推奨馬を書いていきます。

6月になったということでついに新馬戦が始まりますね!まじで待ってました(笑)

一応得意と公言しているところなので、これから見せ場を多く作っていきたいと思います!

なので、この週末の記事の内容は新馬中心になるかと思いますので認識お願いしますと同時に、新馬戦はやらない人が多いと思いますが、ここをきっかけ、参考にやってくれればと思います!

開幕月は特にノーザン有力馬が多く出てくるでしょうから、大荒れというところまではいかないでしょうが相手をしっかり絞ってしっかり回収できるようにしていきたいです!

LINE公式アカウントを開設しました!新馬の最終結論などを主に配信していきますので良ければ追加お願いします!

友だち追加

では本題書いていきます!

東京

3R リアルヴィジョン

内目に入れるとあまり上手く走れないかなと前走見ていて思いましたので、今回外枠+距離短縮から狙ってみたいと思います。

あとは馬場が軽くなりそうなので、軽いダートのときのリアルインパクト産駒は良いと思いますのでそこも狙ってみたい要素ですね。

セン馬なので揉まれ弱い面が残っているのかなと思いますのでリズムよく追走してくれれば変わり身十分かなと思います。

ゲートもこの距離の戦いに入っても速い部類なので対応可能だと思いうので狙ってみたいと思います。

5R 新馬戦

☆血統注目馬 2,7,9

どこまで馬場が乾くかにもよりますし、雨の影響降ったことによるトラックバイアスのずれもまだ分からないですが、先週の傾向を基にピックアップしました。

7が注目を集めていますが、血統的には傾向に間違いなく合っていますのでここからマイナスにする要素はないですし、むしろベストというところですね。

9に少し注目していまして、ザファクター産駒はダンチヒ系で東京マイルはやや長いかもしれないですが、母父スペシャルウィークなのでここを走るくらいのスタミナは補完できていると考えますし、溜めれば脚はしっかり使える、スピードを活かす先行でも十分母と母父の特徴はマッチすると思い挙げました。

☆調教注目馬 1,4,7,10

7はやはり上位の仕上がりかなと思いますが国枝厩舎なのでこの初戦ばちばちに仕上がって来るかは疑問ではあるので素質でどこまでという感じですね。

1と10がなかなか状態良さそうかなと思います。

1は根本厩舎ながら過程,時計ともに良いので穴としていいでしょう。

あとは気性面がまだよくないみたいなので、レースで上手く走れるかかなというところですね。

10も時計を出している本数は3本ですが、セール出身なので仕上がりは早いと思います。

古馬と併せをやって遅れていないので良いでしょうね。

血統と合わせ見るとバゴなので雨の影響が残ってくれればかなり良きという感じですね。

中京

5R 新馬戦

☆血統注目馬 4,6,7,10,11

こっちもどこまで雨の影響が残るかにもよりますが、先週はサンデー系のスピード×ノーザンダンサー系のパワーというところが傾向にありましたので、それに合うような馬を挙げています。

雨の影響次第ではロベルト傾向まで行く可能性あるので、モーリス産駒、エピファネイア産駒いますのでそこは臨機応変にいきましょう。

4,7が個人的には注目です。

4はダイワメジャー×モチベーターというところでマッチしていると思います。

ヴァンドギャルドの半妹なのでノーザンダンサー色強く出るかなと思いますのでこのコースは合っているでしょう。

7も初年度産駒シルバーステート×Kittens’s Joyなので4と似たような感じかなと思います。

先週はトラックバイアス内にありましたので、シルバーステートのスピードと母方からのタフさを上手くレースで出せれば面白いかなと思います。

☆調教注目馬 2,3,4,7,11

ここは7と11が抜けて仕上がり良いと思います。

なので序列をつけるなら

7=11>>>>4≧3>2かなと思います。

中京コースなので調教通り決まるかは微妙ですが、7,11の一騎打ちかなと思います。

人気にはなるでしょうが仕方ないところではありますね。

レース展開次第かなという感じですね。

12R スリーコーズクライ

中央復帰戦で狙い外れ、前走買わず勝たれ今回狙うというめちゃくちゃ外れそうな買い方ですが買います(笑)

というのも元々狙ったのも中央未勝利時代は芝でしか使われていませんでした。

ダートのほうが向いている血統でしたので中央戻ってダートに出てくるというので買いました。

前走の内容も前半ペースは馬場レベルもありましたが、早いペースで追走し最後も差をつけての勝利でしたので昇級しても十分やれる馬だと思います。

状態もしっかり維持できていると思いますので、ここでも勝ち負けと考え狙います。

まとめ

以上になります。

新馬が始まると同時に3歳馬が古馬と混ざってのレースになりますね。

斤量差もしっかりもらえるところなので、どっちを上に取るかというのはなかなか考えることが増えるところですね。

今月から忙しくなりますね(笑)

鳴尾記念の最終結論をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました