【スプリンターズS 2021】全頭診断 Part2

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ馬を紹介!本命派におすすめ!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

スプリンターズSの全頭診断Part2を書いていきます。

Part1は先日公開しておりますので、ぜひそちらも見ていただければと思います。

少し雑談になりますが、日曜日の深夜に凱旋門賞も行われますね。

結構混戦模様かなと思ってまして予想していて面白いなという印象です。

海外のことはほとんど分からないので能力比較みたいなのは難しいですけど、血統見ていると結構この馬いいんじゃないかなと考えることが多くて楽しいです(笑)

ということで面白そうな馬についてはまた後日発表できれば良いかなと思っています。

では本題書いていきます。

タイセイビジョン

対古馬になってからさっぱりですね。

成長力の乏しさを露呈している形かなとは思いますね。

ゲートも決めきれないところがスプリント戦でもイマイチなところでしょうね。

前走で同じように遅れたジャンダルムとの差を考えると、明らかな差があるかなと思いますので評価はできないですかね。

出遅れるので溜めてドンの形を取るのがベターではありますけど、それをするなら他に分があるのでこの馬を狙うのはあまり得策ではないでしょうね。

タートルボウル産駒が良く頑張りましたし、スペシャルウィークの血はやっぱりすごいなと改めて思いました(笑)

ダノンスマッシュ

高松宮記念は勝利していますので、国内スプリント界ではチャンピオンですね。

昨年このレースでグランアレグリアに負けていたので、そのグランアレグリアがいなくなればチャンピオンに一番近いですよね。

昨年のスプリンターズでも勝ちに等しい内容でしたけど、一頭化け物がいたというだけの話かなと思います(笑)

臨戦過程としてはぶっつけにはなりますけど、前哨戦使っていたころはダノンの意向で賞金取りに使われていただけでしょうね。

なので、前哨戦を使わないといけないということはないですしノーザンですからね。

気になるのは、川田騎手が乗ると出遅れることですよね。

昨年も出遅れてポジション取り直していますし、高松宮記念でも後ろからにはなっています。

出遅れても実力上位ですからある程度の巻き返しはできると思いますけど、遅れると難しくはなることもあるでしょうからイーブンには出したいですね。

それでも昨年と違うのは川田騎手が柔軟に乗れるようになったところですね。

GⅠでは好位にポジションするということがほとんどでした。

昨年もそうでしたが、昨年末や今年くらいから非常に馬に合わせたポジションを取っている印象です。

なので高松宮記念も外枠から無理に出していくことなく後方からを選択したと思いますし、それが功を奏した形だと思います。

展開的には前が早くなりそうですから、ゲートさえ出せれば一番良いポジションを選択することができると思いますので、あとは前をどのタイミングで捕まえるのかとしっかり捉えきれるかですね。

大外引いたりすると分からないですけど、やはり勝ちに一番近い馬かなと思います。

ビアンフェ

昨年はモズに必要以上につっかけていって自滅するというところでした。

騎手が促したというよりは、気性も含めてそういう馬なので鞍上が悪いというよりかは必然的な走りだったのかなとも思います。

ゲート入りにも相当時間を要していましたので、それもあって折り合いを欠いたし、それを無理に御しにいかなかったという感じかなと思います。

そこから去勢し、間隔を空けて去勢明け3戦目ですね。

去勢後は大体3戦目でMAXパフォーマンスまで戻る傾向にありますし、間隔も十分取っての臨戦過程ですから良いでしょうね。

あとは昨年同様にモズとの兼ね合いになるかなと思います。

行ききれれば相当強いですから、枠並び次第ではありますね。

ゲートはどうしてもモズのほうが早いですから、テンでどこまで制してハナに立てるかが勝負ですね。

モズとこっちでハナ争いを制したほうが残るんじゃないですかね?(笑)

ピクシーナイト

気性が前向きですので、夏からはスプリント路線に変えてきましたね。

適性は十分示していますのでここでも有力ですね。

モーリス×キングヘイローですので、中山への適性はかなりあるのかなと思っています。

モーリスなので急坂も問題ないですし、キングヘイローですからヘイロークロスありますので小回り的な小脚は持っていますので良いでしょう。

スプリントでも掛かるくらいの前向きさがありますし、スピードの持ち主でもありますからいい位置での競馬ができるのかなと思います。

CBC賞、セントウルと勝ちきれていないところはありますけど、CBCは超高速馬場の〇ソ馬場でしたし、セントウルも開幕週のトラックバイアスの差ですから、勝てないというわけではないでしょね。

なんなら、トラックバイアスも徐々に外に向き始めてこの馬が出すところが一番伸びそうな感じですね。

あとは伝説の前が壁にならなければ台頭するでしょうね。

ファストフォース

カナロア産駒ですから小倉のスピード勝負に強いですね。

なので、中山に変わることはパフォーマンスが少し下がる要因でしょうね。

どういう競馬をしてくるかは少し気になるところですが、モズよりは早くないですから前走同様に控えての競馬になるでしょうね。

そこから逆転できるかというところでいくと、コース替わりもありますし、斤量も増えますからパフォーマンスが上がることはないかなと考えますので記念出走でしょう。

まとめ

以上になります。

スプリント路線は結構面白いなと思ってみていますが、ダノンスマッシュがやはり一番勝ちに近い位置にいることは間違いないかなと思います。

大凡走することは少し考えにくいですから、そこに対して逆転できる馬はどれなのかというのを探して行かないといけないかなと思います。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました