【函館2歳S 2024】有力馬見解&穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※PR※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ情報配信中!!無料予想が絶好調!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【日刊競馬9】

<トレセン情報はここから!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

函館2歳Sの有力馬と個人的に気になる穴馬について書いていきます。

個人的には得意にしているレースの一つなので、しっかり見ていきたいと思います。

基本的に逃げて勝ってきた馬が多いので、控えて勝った馬を重視することが例年の狙い目ですし、使い込んでのバイアス的にもそれがベターなのですが、今年は内の馬場もいいので、イン前先行勢は狙えそうかなという前提で書いていきます。

ということで本題書いていきます。

有力馬

サトノカルナバル

相手が強かろうが弱かろうが、つけた着差から力は証明ができているかなと思います。

前に馬を置いて競馬もできていますし、気性的に反応もいいタイプなのでGOかけたらしっかりギアも上がってくれていたので力を発揮できる条件であれば力上位というところでしょう。

1ハロン短縮かつ小回りになるのと、鞍上も佐々木騎手に変わるので諸々の変更がどうかですね。

気性が前向きなのでしっかり道中を御しきれるかは大きなポイントでしょう。

御すのに精一杯で道中ポジション失って届かずや勝ちきれずというところはあるので、そのあたりを上手く過ごせるかですね。

短縮に関しては気性的には問題ないですが、血統的にはスプリントがよいとは思えないので、スプリント適性が求められるレースの質だとよくはないでしょうし、良馬場開催だとそうなりそうなのであまりよくはないかなと考えています。

東京で走った分でコーナリングのところ、小回り適性は何とも言えないですね。

初戦は直線追い出してから内にもたれていた(物見かも?)という感じでしたので、右回りになるのは悪くはないのかなと考えています。

力は認めつつも、やや後方寄りのポジションになるのではと思いますので、今のバイアスだと外から強襲しても内に残られる可能性があるので、やや評価は落とすような感じかなと思います。

エンドレスサマー

初戦逃げて勝ったので、逃げられなかった時がどうかという典型的なやつですね。

フットワークも雄大なタイプなので、馬群の中で競馬はしたくないタイプかなと考えています。

逃げられなかったとしても、外2番手など、できるだけフットワーク伸ばして走れるポジションは欲しいと思います。

アルアイン産駒はまだ少し掴みきれていないところはありますが、どちらかというとマイル以下、短距離志向が多めの印象です。

母が中距離での実績ですが、母母父Caerleonが小回りのシュッと脚を使うところに向いているので、これが上手くこの条件に適応できているところかなと考えています。

大きい馬なので、初戦からの身体的な上積みは持っていると思います。

走りのバランスを見たときにも、コーナリングは完璧ではないですが真っすぐ走れるところでは完成度高いと思います。

血統や完成度という点からは良いと思いますが、競馬の形が崩れたときにどうなるか、どう考えるかによって評価は変わるかなと思います。

先約かもしれないですが、武史がこっちに乗らないのはちょっと意外でしたね。

ヤンキーバローズ

ゲートからテンのところはちょっと遅めかなと思いますので、頭数揃う今回でどこまでスピードに乗れれるかですね。

少頭数外枠からで、前に馬を置いては競馬できたのでそれは良いですが、エピファネイア産駒なので内で揉まれた時にはどうかですね。

着差と時計からは少しイマイチなようには見えますが、早めに動いてねじ伏せるような形で行ったので、スローの流れで勝ってきた馬や逃げて勝ってきた馬たちよりは、経験値は積めたのかなと思います。

ちょっと内にもたれるような面があるので、ここも変わらずその面を見せるのか経験したことで変わってきてくれるかどうかですが、そこを矯正できていればもっとパフォーマンスはあげられるかなと思います。

鞍上もそれは前走で理解していたでしょうから、課題はテンのところでしょう。

穴馬

エメラヴィ

個人的には一番好きな形で勝ってきた馬ですね。

ゲートしっかり出て、逃げ馬後ろで競馬をし、直線は外に出すという形でしたので、一通りの競馬は経験できたと思います。

追い出してからの脚の回転力も良かったですし、初戦から仕上がり良かったのでそれが上手く結果に出たと思います。

今回ゲート出ない可能性もありますけど、そんなことは全頭に言えることなので出たという実績はしっかり評価したいと思います。

今のバイアスと立ち回れることを考えれば前走同様に内目の枠は欲しいところですね。

外引いちゃうと、ちょっと評価落ちかなと考えています。

武史がこっちを選んだことを考えるとそれも良いでしょう。

時計面がやや劣るかもですが、開催終盤で時計も掛かり始めているので気にしなくて良いですし、血統的にはどちらかと言えばそっちのほうが合っているので、より良いかなと思います。

一番気になるのは、この厩舎なので馬を仕上げられているかどうかですね。

あんまりこの厩舎の仕上げを信用していないので、時計面や動きを要チェックですね。

まとめ

以上になります。

キャリアの浅い馬たちの一戦なので、見えているもの、見えていないもの、変わってきそうなところなどなど各々しっかり分析しておきましょう。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました