【日本ダービー 2022】全頭診断 Part1

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<夏競馬の激アツ情報配信中!!無料予想が絶好調!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

日本ダービーの全頭診断Part1を書いていきます。

フルゲート18頭を超える登録あるので、18頭を6頭ずつ、Partを3つに分けて書いていきます。

いよいよダービーということになりますが、前週に行われたオークスと条件は同じですが傾向としては真逆で、オークスはスタミナがある程度問われることに対して、ダービーではとにかく速さが求められるのでそこはしっかり頭を切り替えておきたいですね。

加えて、ダービー週からコース替わりでCコースになりますので、トラックバイアスというのも大きく関わってきそうなので、そこも念頭に置いておきたいですね。

ということで本題書いていきます。

アスクビクターモア

皐月賞では5着という結果でした。

枠並びから逃げるという戦法になり、マイペースで刻むも負けてしまいました。

レース4コーナーから見ただけでも分かる通り、トラックバイアスが完全に外にありましたし、ペースを考えても逃げ馬が崩れるペースでもなかったので、トラックバイアスに泣いた形かなとは思います。

皐月賞とダービーと全く違う力が問われるので、どちらが向いているかという話になりますが、間違いなく皐月賞でしょうね。

戦績を見てもらえればほぼ一目瞭然ですが、東京で負けて中山で勝っているのでそういうことですね。

東京での負け方を見ると明らかに最後に伸び負けをしているので、東京で負けて、中山で勝っている理由と言うのはそういうところでしょうね。

ディープ産駒ではありますが、イギリス牝系で母父RainbowQuestですが、この血はスタミナ寄りでもありますし、ロベルトも持っている牝系でもありますので、そういう面から伸び負けたり中山では勝ち切れたりしている要因でしょう。

だからいらないと言いたいところではあるのですが、ちょっとだけ気になることが一つ。

Cコース替わり初週のトラックバイアスですね。

先行できる脚質ですから、そこに上手く乗れればワンチャンスというところですね。

圧倒的に内にあればコズミックフォースのようにハマることは十分にあるかなとは思っています。

東京で負けてはいるものの、全くダメというわけではないので、足りないところをトラックバイアスでカバーできればでしょう。

どこまでバイアスが内にあるかというところはポイントですので、圧倒的に内にあるならば勝ちまでは厳しいでしょうが馬券内というのは考えてもよいかなと思います。

土曜日含めて傾向の確認次第で取捨は決まるかなと思います。

アスクワイルドモア

京都新聞杯を勝利してここにというところですね。

京都新聞杯では内で溜めて直線外へというところで、騎手が騎乗停止になるくらいの斜行と妨害をしてしまいましたので、評価は難しいですが伸び脚は良かったと思いますので、そこは評価してよいでしょう。

キズナ産駒ですので、非根幹適性はあるので前回の条件というのは良かったでしょう。

時計がとんでもなく早い馬場状態でしたので、このレコードにどこまでの価値があるのかですが、早い時計で走れたという事実は評価して東京でも一定走れるということにしても良いかなとは思います。

全体的に差し勢台頭した中での結果なので、見た目以上に強かったかというと疑問ではありますし、前走からの相手強化となると、ポジティブな要素はあまりないのかなとは思っています。

東京コースではありますけど、岩田望来騎手なので狭いところさばいてきてロスなくしてどこまでという乗り方をして、前にどこまで迫れるかかなと思いますが、特筆すべきことはないですね。

イクイノックス

前走は5か月の休み明けでいきなりGⅠへというローテでしたが、2着と結果を出しました。

木村厩舎ですので、天栄に調整はお任せなので、天栄がしっかり調整したのと馬の能力だったと思います。

皐月賞から振り返ると、大外でしたが、しっかりゲート出て中団に付けて、4コーナー手前で進出し直線抜け出すも、勝ち馬に上手く乗られ2着でした。

勝ちに行ったところを狙われてしまったので、あれは福永騎手にあっぱれをあげるべきですし、この馬や騎乗は責めることはできないでしょう。

逆に左回りの上り勝負しか経験していないという中で、違う競馬ができて結果を残したところはこの馬の評価すべきところでしょう。

というのが皐月賞の振り返りにはなりますが、次はなぜいきなり皐月賞ローテだったのかということですね。

本番がダービーだからということかなという想定です。

GⅡを勝っていたので賞金的に出られるというのはあったと思いますので、あとはどこを始動戦にするかというところですが、他の馬に賞金を積ませるためにもなかなか出すところがなかったからかなと思います。

なので、皐月賞を使ってダービーへというのが決まったところかなと思います。

実際東京での適性は示しましたし、ルメールのジャッジからもそこで勝負になるという判断のもとでそういうローテを決めたのかなと。(天栄が)

推測含めてここまでがローテに関してですが、実際ダービー本番を迎えてどうかですね。

血統的なポイントの速さに関しては、母父キングヘイローでDrone、SirIvor、Haloと十分に足せています。

母母父トニービンになるので、若干適性からは逸れるのでドンピシャ血統ではないですが、東京コースとは相性の良い血なので良いでしょう。

母シャトーブランシュの産駒はどちらかというと小回りで脚をシュっと使う印象ですが、この馬の場合は東京寄りに出ているのかなと思います。

そういうところもあるので中山でも走れたというのはあると思いますが、広いコースの東京の末脚比べのほうが向いていると思います。

ドンピシャ血統ではないので、なにかに負ける可能性はあるかもしれないですが、能力は高いですし、馬としての割引材料はないので本命視するのも良いかなと思います。

唯一の懸念点は厩舎力ですね。

木村厩舎のことなので在厩調整ではなく、一度天栄に返しているとは思いますが、天栄に短期放牧出したとてケアをしてくるくらいなので、厩舎でしっかりもう一度状態上げるというのはできないと思っています。

なので、いかにして馬の能力を出せる状態に厩舎ができるのかというところに尽きるかなと思います。

馬は◎で厩舎が△ですから、そこをどう評価するかですね。

オニャンコポン

なぜか分からないですけど、この馬の父をいつもエピファネイアと勘違いしちゃうんですよね(笑)

父エイシンフラッシュということですので、血統ポイントの速さは少し欠けているところかなと思います。

なので、その観点から考えると消しになると思います。

他の側面からどうかというのも考えようにも、速さというのが根底にないと難しいかなと思いますので、その時点で考えなくても良いかなと(笑)

せめてポジション取っていける馬ならば良かったですが、そうではないのであまりポジティブ要素はないかなと思います。

キラーアビリティ

皐月賞から見直せると思います。

具体的にはこれを見てという感じです(笑)

簡単に言うと速さは十分に持っているというところですね。

気になるところは距離延長ですね。

かかる面のある馬なので、道中しっかり抱えて行けるかですね。

そこさえしっかりできれば最後は爆発してくれるでしょうから、道中いかにスムーズに運べるかは大きなポイントでしょう。

この馬も皐月賞が始動戦でしたが、狙いはやはりここでしょう。

栗東馬になるので、2度関東輸送があることを考えると、皐月賞時点で仕上げることは厳しいでしょうし、勝負度合いを考えるとこっちが高くなるわけなので、8割以下の仕上げでしたでしょうね。

斎藤厩舎なので距離に関しては問題ないと思いますので、状態面の上昇とレースでしっかり折り合えるかの2点だけでしょう。

ジオグリフ

イクイノックスのところでも書きましたが、鞍上の素晴らしい騎乗もあっての勝利でしょう。

意見の分かれるところですが、個人的には中山などの小回りコースを外から長い脚を使うことが向いていると考えています。

東京でも結果は残しているので、東京でも問題はないのですが、こっちのほうこそ乗り方がかなり重要になって来ると思います。

母アロマティコなので、距離延長については2400mという距離はベストではないものの同世代とならば問題なくこなしてくれるでしょう。

ポイントの速さに関しては少しジャッジが難しいところですね。

サンデーに速さを足すというのが理想形ではありますが、ドレフォン×キンカメ×サンデーなので逆と言えば逆ですね。

ディープ×キンカメの王道血統の逆。キンカメ×ディープ的な(笑)

ドレフォンのイメージとして母系を引き出すので、アロマティコっぽいイメージにドレフォンの速さが足されている感じに出ていると思います。

なので、やはりキレるというよりは長い脚を使うタイプになるので、最初に書いた小回りのほうがというイメージにはなるのかなと思います。

皐月賞で負かしたイクイノックスとの関係を考えると、中山ではこちらのほうが適性上で、東京になると逆になることを考えると、イクイノックスを上に取ることがベターにはなるかなと思います。

トラックバイアスを上手くつきながら、追い出すタイミングがかなり重要にはなってきそうかなと思いますので、勝ちまでのイメージは少しつきにくいですが、掲示板にはいるのかなとは思います。

まとめ

以上になります。

冒頭にも書きましたが、Cコース替わりがどこまで影響するかですね。

Bコース時点で内目はそこそこ伸びていましたので、もしかすると内による可能性はあるのかなと思います。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました