予想スタイル

未分類

この記事では私の予想スタイルについて書いていきます。

とはいっても何か特別な予想方法をしているわけではありません。

結局競馬の予想の仕方なんてものは人それぞれなんです。

じゃあ、わざわざ話す必要もないだろと思う人もいるし、有力な情報ほ持っているわけではないだろ?じゃあ有益にならないよ、と思う人もいると思います。

僕が言いたい事としては、人の言うことを聞いてみることも意外に重要なことだよということです。

関係者の情報、調教での体の使い方etc

この辺のことなんて一般人からしたらなかなか分からないことだと思います。

さらに一週間で競馬の予想に使える時間なんて限られている人がほとんどですよね。

じゃあそんなもの外注してしまえばいいんです。

ただ、この「外注」というところのやり方を間違えてはいけないと思っています。

Aさんはこの馬を推している。じゃあどういう点で推しているか、それを多方面から見る必要があるということ。鵜呑みにせずにそれをINPUTにして考えて、答えを出せばいいんですよ。

この点については言い出したらきりがないのでこの辺にしておきます。(笑)

前置きが長くなりましたが次に私の予想方法について語っていきます。

血統

私は血統を中心に予想しています。

競馬と言えば予想するファクターは非常に多いです。

なぜ血統に注目したのか。簡単です。穴が見えやすいからです。

そもそも穴という言葉に違和感を感じているんですが、これも掘ると脱線しちゃいそうなのでこのままで(笑)

話を戻しまして・・・

例えば、東京で2着になった馬がいます。その馬が勝ち上がるために相手関係がある程度楽なローカルに持ってい行きます。でも、ローカルの小回りに適性はなく馬券外。

こんなことよくあると思います。

走った結果着外。なにしてんだよ、騎手が・・・とかいう人がいますけど本当にそうなのかというところです。

走る前からそこの適性を見つけられれば人気馬は消せて人気のない馬を見つけられるということです。

雨降ってたらこの血統、ローカルならこの血統とある程度整備してしまえば、ほとんどシステム化できてしまいます。

そもそも、血統の出会いというのは人気薄の馬を当てたいというところからでした。

なんでこんな二桁人気の馬が走るんだ、買えないよ。となることがありました。

ここで買えないよ、となるのではなくなぜ来たのかということを考えたときに血統という観点で解説できることが多くありました。

じゃあこれを極めようとなったのが始まりでした。

なんでもそうかもですが物事をやるときに軸を作るとそれに対するプラスをくっつければ軸が強くなると思います。

調教

先ほど話した血統に加える形で調教を見ています。

調教なんてものはみんなが見ている要素です。

でもみなさんはどう見ていますか?

時計?体の使い方?あとは新聞の好調教ランキングみたいなところですかね?

ここで一番疑ってほしいのは新聞の評価です。生で見て一番信憑性高いとは思いますけど実際どうですか?あんまり当たらなくないですか?(笑)

結局見ている人も、ただの人なんです。調教班になるうえで特別な試験を受けて狭き門をクリアして・・・ということではないと思います。(知らんけど)

こう考えたら全てのことを鵜呑みにするのは危険だと思いませんか?(洗脳)(笑)

全てが悪ということではないです。

なので、調教で一番見ているのはその馬の変わり身です。

調教過程も含めてにはなります。

マイル、中距離を使う馬が坂路のみで仕上げてきてたら僕は嫌います。(若駒の話)

コースで走り方を学習している馬と坂しか上ってない馬なら学習度も違いますし負荷のかかり方も違います。

競馬は坂を上る競技じゃないですよね?コースを走るわけですよね?

それの練習なしにデビューってよくわからないですよね。

リフティングの練習だけしてサッカーの試合に出るようなもんです。きっと(笑)

逆に坂路だけ使っていた馬がコースで追うようになったら負荷をかけてきています。

なので変わり身という点で言えばコースか坂路と時計面この2つの軸です。

みんなやっていることかもしれませんが、こんな簡単なことからでも穴馬は簡単に見つけられます。

まとめ

血統と調教を主に見て予想していますというお話でした。

これが最強の法則!と言いたいわけではありません。

こんな見方をするのも一つの手だよということです。

血統はよくわかんないから、調教の変わり身を見てみようというのでも悪くないと思います。

毎回言いますが競馬は娯楽なので楽しむことが大事です。

楽しむために考えましょう(笑)

そして、まだまだ書き方が右往左往していて読みずらい、結局何が言いたいの、というのがあるかと思いますが、そこは申し訳ありません。(笑)

多分予想を話しているうちに小出しに出てくると思います(笑)

以上私の予想スタイルの概略でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました