【アイビスSD 2020】穴馬ピックアップ

重賞

こんにちは。

今日は私が個人的に気になっている穴馬についてみていきたいと思います。

ライオンボスは確定で残り2枠あるというのが、現時点での私の考えなので多く挙げる形にはなるかと思いますが、内容を見て自分の見解と合わせて考えてみてください!

では行きます!

※50音順で書いていくので順番の序列とかはないです。

クールティアラ

3勝クラスの千直を勝っていますし、千直への適性は問題ないでしょう。

簡単な血統のお話をすると、アルデバランⅡは千直に強いです。

なぜかは忘れましたが、とりあえず強いということだけは覚えています(笑)

某有名血統予想家も言ってますよね。

「一頭の種牡馬を覚えるだけで競馬は勝てる」

いつもならなぜ来るのかを考えましょうと言いますけど、千直自体が年に何十回とあるレースではないので、千直でこの産駒を見かけたら買うというので問題ないと思います。

もう少しこの馬の血統を見ていくと、母母父まで米国ダート血統です。

それに、ミスプロのクロスが2×4×5と相当濃いです。

なので、スピードの持続力というのは間違いなく持っていますから血統から見る適性も十分です。

不安要素としてはゲートと鞍上ですね。

ゲートに関しては一回でなくなって再審査にもなったくらいですからね。

前走はイーブンには出たので改善されましたが、一回そうなったとなると、また出ない可能性は否めないというところです。

あと鞍上がこの舞台で乗っていないのかもしてませんが勝っているイメージはないです。

人気を考えれば絶対に抑えておきたい馬ですね。

ナランフレグ

前走千直OPで掲示板という結果でした。

ただ、少し上位4頭とは離された形の入線にはなります。

どうしても後方からになるので届くかどうかや展開待ちにはなってしまうのは仕方ない面にはなります。

それでもロスなくストライドを伸ばせばぎりぎりここでも届くかなというのが狙いです。

なので変に外を引いて、前の進路が開かないというより、前走のような4枠辺りに入って馬場真ん中を突き抜けたほうがいいのかなと思います。

血統では父ゴールドアリュールですから、ダート血統です。

個人的にはサンデー系ダート馬はこの舞台にはさほど向いていないと思っています。

それでも、この馬の場合は後方からになるので日本的な溜めから末脚を使うタイプなので例外にはなると思います。

さらに、ゴールドアリュールの配合としてこの馬は、母父がブライアンズタイムですから芝の要素が入っています。

ゴールドアリュールに芝要素を配合するとそっちにも多少適性が出てきます。

詳しくは下の動画を参照してもらったほうが分かると思います。

同時にゴールドアリュールの特徴も覚えましょう(笑)

【#005 ゴールドアリュール】 砂のオールマイティ種牡馬! ポイントは母父と性別!

モンペルデュ

メンバー見たときこの馬がおもしろいだろと思っていましたけど、まあみんな気持ちは同じでしたね(笑)

この馬に西田騎手を配置してきたのがなんとも注目を浴びるポイントでしょう。

年に一回西田がめちゃくちゃ注目されるレースですね(笑)

馬自身見ていくと、逃げて勝ち切っていますから典型的な〇外って感じですね。

今回同型っぽいのが多いので気持ちよく行けないと凡走するのも十分に考えられますね。

枠は外がマストですね。

ただ、西田が積極的になにがなんでも行くとは思えないんですよね。

基本前を見ながら最後交わすという競馬が千直では多いので、その競馬をして馬が伸びるとはさほど思えません。

なので、行ききって競馬をしてほしいですね。

そうしたら面白い存在になれると思います。

血統は完全に米国型で構成されてますから問題ないです。

一番気になるのは順調に使えていないというところです。

昨年気の競争中止から前走も、取り消ししてますからレース自体も久しぶりになります。

馬主見て気付く人もいるかもしれませんが、隠れノーザンってやつです。

なので、馬自体の仕上がりはしっかりだしてくると思いますのでレース勘というところだけでしょう。

まとめ

以上になります。

どうしても、ライオンボスがいるので逆転までは想像しにくい部分にはなりますけど、それ以下は団子なので変な紛れがあっても不思議ないと思います。

その紛れがこの3頭っていうのが私の見解にはなります。

ランキング紹介文で最も注目している穴馬について書いておきますのでぜひチェックしてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました