【アーリントンC 2022】有力馬見解&穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<オークスの激アツ情報公開予定!?>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

アーリントンCの有力馬見解&個人的に気になる穴馬について書いていきます。

今週は重賞が多くあるので有力馬見解と個人的に気になる穴馬は一緒に書いていきます。

ということで本題書いていきます。

有力馬

ダノンスコーピオン

前走は凡走しましたが、調教時から動きイマイチで、川田騎手もイマイチ判定していましたから妥当な結果だったのかなと思います。

理想は距離延長なんですが、同じ馬主のダノンベルーガがいますので、クラシックはそちらに任せて、冬に結果が一定出たNHKマイルへという感じですかね。

まずは状態面をしっかり上げて来られているかですね。

先ほども書きましたが、前走時はジョッキーが公に言うほどでしたから、しっかり立て直せているかはポイントになるでしょう。

立て直せているかというのに絡んで、どこまで仕上げてくるのかというのもポイントですね。

賞金的にこれで足りるのかは分からないのですが、前走負けていることを考えるとある程度の結果を得ておかないと本番への不安はぬぐえないでしょうから8割以上は作って来るでしょう。

馬の特徴としては、エンジンのかかりが遅い面があるので、しっかりエンジンをかけきれるかというのがポイントですね。

FSは川田騎手が香港行っていて乗り替わりでしたが、エンジンのかかりが遅いことはしっかり言及して理解していましたので、それをしっかり頭に入れて乗ってくれるでしょう。

エンジンさえかかれば、かなりいい脚で伸びてくれるので、そこさえクリアできれば問題ないでしょう。

キングエルメス

京王杯勝利するも、骨折し休養に入り、そこからの復帰戦ですね。

京王杯はペースもありましたが、完勝でしたので、能力は秘めているでしょう。

2着のトウシンマカオも一定結果は残しているので、フロックというのはないのかなと思います。

骨折休養明けになるので、どれくらいの状態まで上げて来られているかですね。

一応半年くらいで戻ってこられているので、重度ではなかったのかなとは思いますが、骨折してからの立て直しに時間がかかる馬もいるので、ポテンシャルある馬なのでそうなってないと良いですが。

近年活躍馬を多く出している母産駒なのですが、一度リズムを崩すとなかなか戻せないところも一つ特徴なのかなと思いますので、この始動戦を上手く走れるかが今後にかかっているとも言えそうですね。

ちょっと今回は重視したくない印象ですね。

デュガ

藤田オーナーの馬はなんか全部同じに見えてきて、あのレース走ってたのはどの馬だっけってすぐ出てこないです(笑)

真剣に走らなかったり、物見が多かったりなど難しさを持っている馬みたいですね。

なので、真剣に走った時のパフォーマンスを誰も見ていないというところですね。

もしかしたら、とんでもないくらい強いですが結局それを発揮できるだけのメンタルだったりというのを兼ね備えていないので、それがないならば能力があったとてですね。

剣道の心技体揃わないと一本になりませんみたいなことですね(笑)

血統からは、マイル戦で中団で溜めてドンよりかは勝ったときのような逃げる競馬が合っているのかなと思います。

ジャングロが先週勝ってくれたので、武豊騎手もある意味この馬に気楽に乗れるでしょうから、先は気にせず逃げる選択をするかもしれないですね。

パフォーマンスを発揮するためには多くの壁がありそうなので、一発の可能性はありますけど、ピンパー感は半端ないですね。

穴馬

ディオ

前走時も穴として見ている方は多かったと思います。

未勝利上がりからいきなり重賞戦でしたが、それ相応の走りはしてくれたと思います。

デビュー当初は幼い面を見せていましたが、使いながら解消されてきて、パフォーマンスを発揮できるようになってきていると思います。

いい厩舎ですので、しっかり立て直したり、つくったりするのは上手ですね。

未勝利戦で経験をしている舞台ですので、適性面は問題ないですし、前走よりもこちらのほうが向くでしょう。

しっかり溜めて最後にいい脚を使ってくれるので、この舞台ならば安定して走ってくれるでしょう。

頭数が揃いそうなので、しっかり進路を見つけて伸びて来れるかはポイントにはなるのですが、鞍上が岩田望来に変わるので未勝利戦なら割ってくれるのに重賞になると外回しちゃうので、未勝利戦の気持ちで乗ってほしいですね(笑)

いっそのこと最内枠とかに入って外に逃げ場なくして、内しかない局面になってくれればいいですけど。

未勝利戦は狭いところ割ってくれたので、そういうことができる騎手とそれにこたえられる馬ですので相性自体は悪くないでしょうね。

関東遠征して、中3週ですので状態面は気になりますが平行線以上ならば十分ここでも相手になるでしょう。

まとめ

以上になります。

先週の桜花賞と同じ条件になりますが、トラックバイアスはフラット気味のやや内有利の状態にあるので、ペースが落ち着いてしまうと内を伸びる馬が有利ですし、それなりになれば外は届くという印象です。

なので、ペースや枠番がどうなるかなど含めて考えておきたいですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました