【エルムS 2021】穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ馬を紹介!本命派におすすめ!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

エルムSの個人的に気になる穴馬について書いていきます。

本来ならばレパードの全頭診断を書きたいところだったのですが、抽選馬が多くて書けない状態なので半分仕方なしですけど書きます(笑)

有力馬見解のほうは先日公開しておりますのでそちらも見て頂ければと思います。

では書いていきます。

ダンツキャッスル

ブリンカー着用後、しっかり結果を残してステップアップしてきました。

前走は取りこぼしましたが、2走前はしっかりリステッド勝っていますし十分能力は示していると思います。

ただ、やはり相手は強いと思いますので勢い、充実度でどこまで対抗できるのかというところでしょう。

おそらくアメリカンシードがそれなりにリードを取って逃げていきますので後続たちはそれぞれどこで脚を使うかがテーマになるでしょう。

そうなったときに長く脚を使えることがまずは大事になってくるかなと思っていますので、札幌や東京だけでなく中山や、函館でも台頭できているので良いところでしょうね。

タイムフライヤー

リズムを崩してなかなかいい結果は出ていないですが、GⅢレベルならばしっかり台頭できるだけの実力はあるでしょう。

厩舎ラストイヤーでなんとしてもGⅠ取るために年末から年始までかなり強度高く作られていましたのでそこでバランスを崩している可能性はあるかもしれないのでその辺の状態面の情報集めは大事ですね。

前走は行きっぷりがかなりよく最後ガス欠というところでしたのでガス抜きは終わったと見たいですね。

なので落ち着きを取り戻せていると考えたいですね。

鞍上武豊騎手に変わりますけど、まあそこまで癖のある馬でもないですし問題ないでしょうね。

武豊騎手起用そのものはエージェントの関係でしょうから特に勝負の起用ではないでしょうから上手く御してくれるかどうかですね。

母父ブライアンズタイムということでロベルト系なのでスピードの持続力には長けていると思いますのでアメリカンシードが作り出す流れにもしっかり対応して伸びて来られるでしょうからテン乗りにはなりますけどしっかり脚を伸ばしてくれればと思います。

レピアーウィット

堀厩舎の馬なのでどこまで仕上げられているかはポイントにはなるでしょうね。

馬格のある馬ですので、石橋騎手のように追える騎手が良いというのを考えると武史騎手になるのは悪くないでしょうね。

他馬のところでもテーマにしていますが持続力というところをポイントにしながら書いていますが、この馬も向いていると思いますのでピックアップしています。

勝ったときのマーチSなんていうのはまさにしっかり持続力を活かして勝ちきりましたので、そこを評価できるかなと思います。

武史騎手ならしっかり勝ちに行く競馬をするのでピンかパーになるかなと思いますけど、しっかり見せ場は作ってくれると思いますので馬券購入する際は期待はできるでしょうね。

まとめ

以上になります。

先日書いた有力馬見解の馬たちも実力はあるものの不安要素も含んでいるのでその辺の状態面などなどをしっかり加味して今回挙げた馬たちの評価の上げ下げは決まって来るかなと思いますのでしっかり情報集めはしていきたいですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました