【エルムS 2022】有力馬見解&穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<夏競馬の激アツ情報配信中!!無料予想が絶好調!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

エルムSの有力馬見解と個人的に気になる穴馬について書いていきます。

苦手なダート重賞ですが、頑張って書いていきたいと思います(笑)

ということで本題書いていきます。

有力馬

オメガレインボー

そこそこ安定して走れているので、1番人気かは分かりませんが一定の人気はするでしょうね。

ただ、札幌で走ったのは下級条件でしかないですので、このクラスでどうかですね。

ただ、函館では何度も走って、札幌では走っていないということは適性を感じないから使っていないというところでしょう。

過去の戦績から、札幌の適性はないのかなと判断できるところはあるかなと考えています。

東京でも勝ち鞍ありますけど、基本小回りコースで勝っているというところですね。

ここから考えられるのが、脚の使い方がポイントなのかなと思います。

だらだらダートっぽい脚の使い方、持続力というよりはグッと一気に脚を使いきる脚の使い方が合っているのかなと考えています。

なので、以前は先行しているときもありましたけど、中団以降で溜めてラストに一気に脚を使うというのが合っていると思いますので、それさえできればコースは問わないのかなと思いますが、やりやすいのは小回りコースなのかなと考えているので札幌だとどうかというところです。

コーナー角が緩いので、一瞬の脚というよりはコーナーで進出して先団取り付いてもう一脚というリズムが合っているので、この馬の脚の使い方には合わないのかなとは考えています。

仮にコーナーで我慢したとなると、ワンテンポ遅れての仕掛けになるので展開、届くかどうかの問題になるかなとは思いますので、信用度は落ちるのかなと考えています。

コーナーで動く馬はいるでしょうから、展開面は向くかもしれないですけど、展開面に左右される馬を人気馬でチョイスするのはちょっと個人的にはなしかなという考えです。

ウェルドーン

砂を被らずに運べるかどうかですね。

休養挟んだり経験してどこまでその面が改善されているかですが、前走では砂を被らない位置で鞍上が運ばせたので、その面がわからなかったので、改善されているかはまだ分からないなというところです。

なので、まずは砂を被らない位置に行けるかどうかですね。

前走は外枠でしたので、そこを取れたというのがあるので、内枠引いてしまうと完全に揉まれて終わりの可能性は否めないですね。

ということで枠番は大事になるかなと考えています。

枠は一旦置いておきまして、砂を被らない位置に行けたならば持続力は良いものありますので安定感はありますね。

その安定感を出すのに条件がいるというところなので、なかなか評価は難しいですね(笑)

とりあえず枠番が第一関門かなと思います。

ブラッティーキッド

中央で勝ちきれず、地方行き、出戻りからの連勝ですね。

中央で勝ちきれないところがあったので、戻ってきて下級条件ならば通用の余地はあったと思いますが、それ以上に成長して帰ってきたかなと思います。

前走は、ちょっと違った形で競馬でき、勝ちきれたところが収穫ありかなと思います。

これまでの道中ポジションよりも一列後ろだったので、しっかり競馬できるかというのはありましたけど、しっかり差しきったというところが良かったと思いますし、それをクラス上がったところでできたというのは大きかったかなと思います。

さらに相手は強化されるので、よりポジション取りがどうかという点はありますけど、ここで競馬できないとというのが前走で払拭できたのは鞍上に余裕が生まれるのかなと思います。

馬は良いと思いますので、あとは単純に能力が足りるかどうかですね。

穴馬

ロードレガリス

力はある馬なので、リズムよく運べるかどうかでしょう。

急かさず走らせて、しっかり持続力を活かす形を取ってあげればそれなりには走ってくれるので、道中リズム崩さず走ってこれるかですね。

脚の使い方からして、長い脚を使えるので札幌のリズムには合っていると思います。

鞍上は富田騎手継続ですかね?

そうならば、普通は新潟で乗っているはずですので、この馬のために来るところでしょうから鞍上としても結果は出したいところでしょう。

あとは、ロード冠名で先行する馬いるので、〇ームプレイはあるかもですね。

ブラックアーメット

穴馬ならば、はっきりした脚質の馬が個人的には好きなので挙げたいと思います。

構えて、競馬に参加しなかった分を後半で出すというところなので、展開面がどれだけ向いてくれるかそれに尽きるかなと思います。

このクラスなので、前は簡単には止まってくれないですけど、全体が早め早めの競馬になってくれればラスト馬券内までは届く可能性あるのかなとは思います。

藤岡佑介から手が離れるので、構えすぎて試合終了になる可能性はないのかなと思います。

この鞍上に後方一気的な乗り方のイメージがないので、しっかり腹をくくって溜められるかはポイントですが、ある程度馬のキャラクターが分かっている中で乗るので、そこに鞍上変更の良い味が乗ればというところですね。

まとめ

以上になります。

本当にダート重賞苦手なので、そんな視点もあるのかというくらいに受け取っていただければと思います(笑)

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました