【サウジアラビアRC 2022】有力馬見解&穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<夏競馬の激アツ情報配信中!!無料予想が絶好調!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

サウジアラビアRCの有力馬見解と、個人的に気になる穴馬について書いていきます。

東京マイルで行われる2歳重賞ということで、明らかにここにスタンバイしているノーザン馬はいるでしょうし、ここで勝っておくと後が相当楽というのがありますので、有力馬を多く抱えているノーザンとしては、こういうところは逃したくないところでしょうね。

ということで本題書いていきます。

有力馬

ノッキングポイント

まさに冒頭に書いたような、ノーザン天栄×サンデー×ルメール×木村厩舎という絵に描いたようなやつですね(笑)

メンバー見渡しても8割仕上げくらいでも勝てるんじゃないですかね(笑)

初戦からばちばちに仕上がっていたとかではなく、モーリス産駒らしく緩さを残していましたけど、あのパフォーマンスを出したところを見るともう今回は仕方ないですね(笑)

一つ経験したことで上昇あると思いますし、仮にもそこまで変わらないパフォーマンスだったとしても今回に関しては勝ちきれるでしょうね。

ちょっと話はずれますけど、この天栄×木村厩舎というのがちょっと新しい試みをしてるのではというのがありまして、この馬のように早い段階でデビューさせる馬に対して、仕上げすぎないというのをやっているのかなと思っています。

最近早めに仕上げすぎて、3歳時には尻すぼみという感じになっている傾向が天栄の馬にあるように思いますので、こういう素質感じる馬には、早めデビューのメンバー薄いところに出して、素質で勝たせて休養からの上昇を狙っているのではというのが天栄×木村厩舎に対する個人的な分析です。

この馬と、あとはステルヴィオの下(名前忘れちゃいました)とかも初戦仕上がっている感じは全くなく勝ちきったので、サンプル2頭ですけど、この分析・仮説は強ち間違いではないのかなと。

ということで、話を戻すと、上昇幅はまだ十分に残しているということですね。

なので、体調面や当日のテンション面などによる下降以外はパフォーマンスを下げる可能性は少ないのかなと思いますので人気ですけど、逆らえないなというのが現状の考えです。

ドルチェモア

アユサンの子ですね。

前走は洋芝の稍重発表の馬場でしたが、しっかり走り切りましたのでタフなところへの適性はあるということが分かったところですね。

それでも、結構軽い走りをするなという印象を受けましたし、超高速馬場だと分からないですけど、良馬場東京でも見てみたい馬ですね。

初戦から馬体面は良かったので、完成度は現時点でそれなりに高いのかなとは思います。

なので、確かに圧倒的1番人気のノッキングポイントの対抗にはなりそうですね。

上昇ありそうな要素としては、北海道で調整していた分、コース追いが主でしたので、栗東戻して坂路で作れるところが良いかなと思います。

須貝厩舎ですので、併用で作ること多いので坂路使ってもう一段階上がるかですね。

不安要素を一つ上げると、前走逃げたから控えてどうなんだいってという、キャリア浅い馬の逃げしか経験したことない馬にいつも言うことですね。

頭数少ないので、ゴリゴリに揉まれて~という感じにはならないですけど、前に馬を置いて馬群で競馬したときに、明らかに前走とはリズムが変わるでしょうから、そうなったときに力を出し切れるかですね。

ちょっと気になるのは、前走鞍上がスタート良かったからかもしれないですが、逃げると決めていたかのようにテンに出して行ったので、今回も逃げる可能性はゼロではないですが、馬の今後を考えて馬群で競馬させて覚えさせようみたいなことをすることも十分考えられると思います。

典弘DNAを持っていますしね(笑)

シルヴァーデューク

上位人気馬3頭の中ではこの馬が怪しいのかなとは思っています。

何がと言うと血統的な観点からです。

母父ダンチヒ持っているので十分スピードは兼ね備えていると思いますが、シルバーステート産駒なので、早い上りを使う勝負に対しては分が悪いかなと思っています。

この馬が力ないとは全く思わないですが、今回は土俵が悪いという考えです。

前走が早め先頭に立って余裕もあったとは思いますが、使った上りが34.2秒。

同日の他のレース見ても早い上りは十分出せるコンディションでしたので、新潟でその上り時計だと、うーーーーんという感じなわけです。

これをカバーしてくれるのが開幕週の馬場、トラックバイアスなのかなと思います。

特に決まった脚質があるわけではないですが、仮に前走と同じような先行する形を取るとするなら、十分に内は有利でしょうから強いバイアス働けばですね。

もう一つなんとかなるかもというのが、雨降りそうなところですね。

実際の雨量などなどは分からないですけど、雨降って上がりがかかってくれるようなコンディションならですね。

開幕週なので、相当降らないと厳しいでしょうけど。

ちょっと難しい面を持っている馬なので、乗り替わりはあまり良くないので、そこはマイナス要素かと。

ということで前述した2頭と比べると、外的要因に助けられないと今回は難しいのかなという考えです。

穴馬

マイネルケレリウス

初戦はそこまでメンバーレベルも高くなかったですし、時計もノッキングポイントと比べると明らかに劣っているので、逆転候補とは言えないですけど、馬券圏内に入って来るというところでは、初戦見せたパフォーマンスからして計算はしやすいかなと。

小柄な馬ですので、初戦の仕上がりは良かったと思いますので、休養挟んであそこからもう一段階上げられているかがポイントですね。

ルーラーシップ産駒ですので、33秒台キレキレというタイプではないですけど、東京でしっかり走れるだけの末脚は持っていると思います。

トラックバイアスに反した脚質にはなりそうなので、どこまでフラットに近い馬場になってくれるかですが力を出せるような状況になれば2着まで届いても不思議ではないかなと思います。

まとめ

以上になります。

東京ですので、基本的には強い馬が勝ちますので、逆らうのは難しいと思います。

ただ、中でも書きましたけど、トラックバイアスや雨という要素もありそうなので、そうなったときにどう傾向として現れるかはポイントになりそうですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました