【チャンピオンズカップ 2022】有力馬見解&穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ情報配信中!!無料予想が絶好調!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

チャンピオンズカップの有力馬見解と個人的に気になる穴馬について書いていきます。

中京で行われる唯一のGⅠ競争ですね。

中京ダートコースですので、いかに内を周ってこれるか、3コーナーからの下り坂で勢いつけすぎず我慢して4コーナーを内をワープしてこれるかが大きなポイントになってくると思いますので、操縦性の高い馬や騎手の特徴を考えて書いていければと思います。

ということで本題書いていきます。

有力馬

テーオーケインズ

普通にやればこれが圧勝します(笑)

というか昨年も圧勝していますし、3歳馬も出てきていますけど、同じレベルにある馬が出てきたかと言われるとNOですので、よほどの不利な条件が重ならない限りは負けないでしょうね。

前走JBC勝っていますけど、仕上がりとしてはまだまだでしたので、変に調子下向きになっていない限りは上積み持ってここに臨めていると思います。

実際のローテは分かりませんけど、この秋冬のローテはJBC→チャンピオンズカップ→東京大賞典という感じでしょうし、左回りに良績があることを考えると東京大賞典よりもここが本番である可能性は高いと思います。

ということで100に近い状態に仕上げてくるならば、だれも敵わないと考えています。

ふつうこういう人気馬に対しては、私はよく粗探しをするのですが、ないに等しいですし、格が圧倒的に違うかなというところなので書くことは対してないです(笑)

クラウンプライド

この馬の取捨がちょっと難しいなという印象ですね。

結果は残しているので、力は証明してくれていると思います。

今の古馬に混ざってもしっかり勝ち負けできるだけの力を持っていることは間違いないでしょう。

リーチザクラウン産駒なのでスペシャルウィークの系統なわけですが、前走逃げて競馬した点がどう出るかですね。

基本的にはあまり揉まれてよい系統ではないですから、逃げて競馬した経験が悪い方に出なければですね。

そういう面がありますので、あまり内すぎる枠は引きたくないところかなと思いますし、自分より外に積極的に運びそうな先行馬もあまりいてほしくはないですね。

中間の調整も逃げたことを悪いほうに出ないように意識してやってきているみたいですので、実戦でしっかり我慢しきれるかですね。

あとは最初に古馬に混ざっても勝ち負けできるとは書きましたけど、実力馬がそこまで多くない中でのものなので、中央GⅠの全頭力ある馬たちの中に混ざった時に思うように力を出し切れるかは大きなポイントになるでしょう。

ということで好走する条件が意外にいくつかあるのではと考えているのが現状です。

そうなったときにテーオーケインズをどう逆転するかという話よりも、その他にしっかり先着できるのかどうかの話になるのかなというところです。

テーオーケインズを絶対視するならば、予想オッズ通りなら馬券的にはあまり重視はしたくないかなという感じですね。

グロリアムンディ

大久保厩舎っぽい馬だなーという感じですね(笑)

春にGⅢで2着という結果でしたが、59kgのオメガパフュームに差されてしまったというのはちょっと気にはなりますね。

キンカメ産駒ですから、まだまだ良くなる余地は残していると思いますので、春からパワーアップできているかですし、むしろ必須ではありますね。

中団やや前に位置取りながらしっかり伸びてくるというところなので安定感は抜群でしょう。

まさにこの安定感こそがキンカメ産駒らしいというところでしょう。

なので、上手く先団を見ながら後ろにやられないようにしっかりGOできるかどうかですね。

力差があったかもしれないですけど、アンタレスSはそこを凌げなかった、ちょっと早かったというところはあるかもですが、競馬の形としてはああなるでしょう。

テーオーケインズと道中は同じような位置にいることになると思いますので、あとは食らいついていってどこまでやれるかですね。

春からのパワーアップ度合いが大きなポイントでしょう。

テーオーケインズに近いところまでいけているか、他馬と同じレベルにとどまっているか。

穴馬

ノットゥルノ

前走は武豊騎手がフランス行っていましたので、松山騎手に乗り替わっての一戦でしたが、乗り替わりが大きく影響したレースだったかなと思います。

あまり砂を被れないから選択肢としては下げてぐるっとまわすか被らない位置で運ぶかの大きく2択でしょうけど、後者を選択した結果があの内容だったと思います。

それなりにペース上げて行くサルサディオーネに喧嘩売るかのようにがっちりマークして、自分がばてるという結果でした。

松山騎手なので、前者を選択しないでしょうからまあそんなもんかなという感じですね。

先行させて粘り通すというよりかは、勝負所で進出してしっかり持続力を活かすという馬ですから、前走は合わない乗り方をしていたのは間違いないでしょう。

鞍上戻りますから、そのあたりは大丈夫になるでしょう。

展開的にちょっと向くのかなと考えているのが、絶対にハナを奪いたいレッドソルダードや適性距離としては短いシャマルがいるのでシャマルがハナを切るならば、早めにバテて先行勢が押し出されてハナに行っちゃって全体的に早めの仕掛けになるのかなと考えています。

ということを考えると、差しよりの流れになるのではという考えです。

中京コースなので最後方から差しが届くのは想定しにくいので、それよりももう少し前にいる馬が一番展開的に合うのかなというのが現状で、そこにいそうなのがこの馬だと考えています。

中京の4コーナーワープができないのでその点からはややマイナスですけど、ぐるっとまわって来る競馬をして後ろを凌ぎ切れるかですね。

まとめ

以上になります。

テーオーケインズが絶対的な存在でもあるので、馬券的には昨年のような感じになることを期待するしかないですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました