スポンサーリンク

【ヴィクトリアマイル 2021】全頭診断 Part2

重賞

こんにちは

ヴィクトリアマイルの全頭診断Part2を書いていきます。

Part1は昨日公開していますのでそちらを見ていただければと思います。

今日は小話特にないので早速本題を書いていきます!

ダノンファンタジー

マイルで戦ってきていましたが、結果が出ず距離短縮して1400m以下にシフトしました。

それが良いほうに出て結果を残しています。

なのでマイルに戻るというのはあまり歓迎ではないように思います。

持続力を活かしたほうが上手く走れるので、勝ち鞍のある阪神1400mとかが合っているのだと思います。

高松宮記念は状態良かったと聞いていましたし、好走が期待されましたけど、馬場に恵まれなかったのかなと思います。

差しの決着になりましたので仕方ない結果かなと思います。

理想は内枠引いてのインベタからの抜け出しだと思いますのでまずは内枠を引けるかが勝負でしょうね。

あとはトラックバイアスが外にある分どこまで前で粘れるかかなと思います。

前は飛ばしそうな馬もいますので、前を見ながらいい位置で運べるかがポイントですね。

あとは落馬しないかだけ・・・(笑)

今回も状態良さそうではあるので注意しておきたい一頭ですね。

テルツェット

上がり馬という感じですかね。

前走の重賞もここに出るために賞金加算必須で勝負がかりでしたので狙い通りの出走になりますね。

間隔を空けながら走ってきている馬なので、この馬の間隔としてはやや詰まっているかなと思いますのでどこまでその影響があるかという感じですね。

母の母はラヴズオンリーミーですからいい牝系だと思いますし、東京でしっかり上りの脚を使って勝てていますので、今のトラックバイアスとしても合うでしょうね。

母父ダンチヒのノーザンダンサー系ですので今の傾向としても近しいところにありますので、強い相手とやるのは初めてですけど、かなり良い一頭かなと考えています。

鞍上ミルコですが、先週見ていても重賞ではきっちり乗ってきますし、勝負所は本当に上手いと思いますので良いと思います。

ここでしっかりノーザンにアピールしたいところだと思いますし。

ディアンドル

中距離に伸ばして逃げる形を取って好走していますね。

淀みなくラップを刻んでいくのでやや離した逃げにはなりますね。

主張してくる馬が今回はいそうですけど、逃げにこだわらなくて良いですが、ペースを落とさないことがこの馬は重要ですので番手になるとしても突いていくと思いますので必然的にこの馬の走るペースは早くなるでしょうね。

肝心なのは後ろがそれについてくるのか否かですね。

いずれにせよペースメーカーにはなりますね。

デゼル

届くかどうかそこにつきますね。

溜めれば溜めるほど脚を使えると思いますので、リズムを崩さずに走られるかですね。

展開的には届く確率が高いと思いますし、トラックバイアスも味方するでしょうから有力でしょうね。

中4週で前走早い時計で走っている分、反動は怖いですね。

それさえなければ十分ですかね。

VSグランアレグリアの構図だと思いますが、グランアレグリアと同じもしくはこちらが後ろになるので、進路確保と差し切れるかですね。

向こうも間隔詰まって状態面心配なところありますので、お互いに仕上がり面は要チェックになるでしょうね。

前走は友道勝負仕上げだったと思いますので、もう1段階上げて来られるか、状態を高い位置でキープできるかになってきますね。

プールヴィル

前走は勝ったかなと少し思いましたけど、最後止まってしまいましたね。

あれが、久しぶりの分なのか距離の壁なのかどうかというところですね。

あの止まり方を見ると距離は問題なく、久しぶりの分だったと思います。

もちろんベストは1400mだとは思いますけど、ゆったり構えられればマイルでもしっかり脚は使えると思います。

三浦騎手はかなり手の内に入れているみたいですので、使える脚は長くないですけど、それを使うタイミングはかなり上手いと思いますので穴としては面白いかもしれないですね。

差しの決着が予想されますが、東京ですけど進路確保はかなり重要ですので有力馬よりもポジションは前になるでしょうから先にいいところを確保できるかでしょうね。

さすがにグランアレグリアなどに先に行かれては差し返せないのでイメージは先週のソングラインですかね。

そう乗ってくれれば良いのですが、周りに合わせて乗っちゃうのが三浦騎手ですからね・・・

マジックキャッスル

差し決着が予想されるなか脚を使える点は評価すべきでしょうね。

母父シンボリクリスエスというところも先週の芝ではばんばん来ていますので傾向としてはばっちりというところでしょうね。

阪神牝馬使って本番というローテが社台らしいですね(笑)

愛知杯は傾向通り走ったところはありましたけど、しっかりねじ伏せました。

なのでGⅢに入れば十分やれる実力ですが、上になるとどうだろうなと思っています。

ポジションが後方だからというのもあるかもしれないですけど、秋華賞も、前走阪神牝馬も馬群に入っていったり勝ち馬の後ろを上手く走ったりなどコース取りでいい着順を取ったとも見れます。

もちろん差す脚ができない芸当ですけど、いい結果にはそういう裏もあることは考えないといけないところですね。

ただ、そう乗ったのは大野騎手で、勝ちきったときは戸崎騎手なのでそれを思うと力出せるようにしっかり外に出してきそうではありますね。

それでやりあって勝てるかどうかを考えてみないとですね。

まとめ

以上になります。

Part1では逃げ馬が多かったですが、今回は差し馬が多かったですね。

個人的には差し決着を予想していますので、今回取り上げたメンバーについては考えること多いかなと思います。

まだ日はありますからゆっくり考えたいですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスのみで無料登録完了できます!

【Gmail・yahooメール】をおすすめします

<調教やその日の激アツ馬を紹介!本命派におすすめ!>

【ターフビジョン】

3000円分の無料ポイントを受け取れる!

無料登録はこちらをクリック

<血統観点から大穴的中!!>

【血統ウィナーズ】

3000円分の無料ポイントを受け取れる!

無料登録はこちらをクリック

—————————————

重賞
htrkb905をフォローする
はっとさんの競馬予想

コメント

タイトルとURLをコピーしました