【七夕賞 2022】有力馬見解&穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<夏競馬の激アツ情報配信中!!無料予想が絶好調!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

七夕賞の有力馬見解と個人的に気になる穴馬について書いていきます。

先週見ている印象ですと、トラックバイアスはやや内よりかなと思いますがラチ沿い天国というよりかは内から2,3頭目辺りがベターかなと見ていますので、そこを通れそうな馬がいれば注目したいと思います。

ということで本題書いていきます。

有力馬

ヒートオンビート

重賞で善戦しているので、ある程度人気は背負うのでしょうね。

元松田厩舎から友道厩舎へ転厩になってそこから馬が変わったというような感じでした。

キレが出てきたという評判があったりするのですが、レースの中ではあまりそういう面は見せられていないかなと見ています。

キンカメ産駒なので福島コースは合っていると思いますし、これまでのレースの感じだと、キレキレの脚を求められないこのコースに変わることはプラスかなと思います。

気になるのは距離短縮になる点です。

3走前の中山金杯のときに武史が、手応えほど伸びなかったというレース後にコメントをしていました。

コースは違いますけど、距離は同じですので、それを考えると短縮という点は歓迎ではないのかなと考えています。

実績は残しているので、実力は上位だとは思いますが、全幅の信頼を置けるという感じでもないですし、一番勝ちに近いかと言われるとNOかなと思いますので、現状は高い評価を打つのは難しいのかなと考えています。

アンティシペイト

同じ条件で前回勝っていますし、舞台としては合っているのかなと思います。

ルーラーシップですので、福島コースは非常に相性のいい血だと思います。

加えて、最近考えているのが、国枝厩舎の馬はこういうコース形態のほうが合っているのではという考えがあります。

というのも、国枝厩舎の調教は基本的にWコースで行われます。

その中で、ラップの刻み方から適性が持続力寄りになるような感じの時計の出し方をしています。

なので、普段練習している脚の使い方としては長く脚を使うというところですから、調教の時計の出方から状態面良さそうに見えるのですが、レースに行くと思ったより伸びないなとか、なんかにキレ負けしてるなという印象を受けます。

例えると、普段バッティング練習でヒットを打つ練習やその当たりを連発しているところで、調子良いから試合使ったら、ホームラン狙えというサインが出て、大振りしたら全然打てねえっていう感じかなと。(この例えが適性かは分かりません(笑))

話を戻しますと、そういう普段のトレーニングの仕方からして持続力の勝負が合っていると思いますので、福島コースで強く問われる力ですので、そういう点からあっていると考えていますし、前走も結果が出たところかなと思います。

斤量やや背負わされるのでそこはもう少し吟味しないとですが、悪くはない馬でしょう。

ヒュミドール

走っても走っても人気にならない馬が人気になりそうですね(笑)

気性面が若干厄介な面はあるので、しっかりそこが整っているかはポイントでしょう。

休養明けという点があまり良いとは思えないので、そこは割引材料ですね。

ミルコが鞍上なので、後方寄りから捲って競馬というのが大方の乗り方予想かなと思いますので、それがハマるかどうかというところはありますね。

先行勢多いので、そこを見ながら、ペース落ちてきたようなタイミングで動いて行って押し切れるかどうかかなと思います。

個人的には特筆事項なしという感じなので、評価はしたくないかなという印象です。

穴馬

ショウナンバルディ

馬場はもう少しタフになってくれれば良いかなとは思いますが、今のトラックバイアスと先行できる点から良いかなと考えています。

トーラスジェミニとロザムールというハッピーセットかと思うくらい毎度おなじみ逃げ馬勢がいるわけですが、その後ろ辺りでせこせこ競馬できればポジション利とトラックバイアスに上手く乗せて残り目あるかなと思います。

鞍上が石川騎手になりますので、先行する馬に乗るときには要チェックの騎手ですから、馬とも手は合うかなと思います。

そこまで抜けているわけではないですが、重賞勝っているがゆえにハンデも背負わされていますので、そこはマイナスにはなってしまいますけど、この馬のパフォーマンスを出せれば上位かなと思います。

プリマヴィスタ

血統的には福島コース悪くなかなと思いますし、馬の特徴としてもあっているのかなと思います。

母父クロフネということでノーザンダンサー系ですので、なんでもいいのでとりあえずノーザンダンサー系を濃く持っていることが福島コースでは大事なポイントだと考えています。

3走福島コースで走って1-0-1-1という結果ですので、悪くない舞台なのでしょう。

ポジション的には中団やや後方になるのかなとは思いますが、今回のメンバー構成考えたときに後ろに展開あっても不思議ないと思いますし、捲りそうな馬もいるので、展開向く可能性は十分にあるかなと考えています。

中京コースで勝っているように、力いりながらも伸びてくるというパワー&スピードという特徴の馬かなと思いますので、福島コースは合っているという考えです。

ハンデも前走から据え置き53kgですので、能力差はあるのかもしれないですけど、展開的にハマってもおかしくない一頭ですので期待したいと思います。

まとめ

以上になります。

天候が読めないところがあるので、なんともですし、開催進むに連れてバイアスは変わって来ると思います。

見た目ではキレイな緑ですが、芝の生育がイマイチな面があるそうなので、傾向一気に偏る可能性もあると思いますので、日曜の傾向をよくチェックしておきたいところですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました