【中日新聞杯 2021】有力馬見解

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ馬を紹介!本命派におすすめ!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

中日新聞杯の有力馬見解を書いていきます。

中京で行われますハンデ戦ですのでかなり難しいとは思いますし、トラックバイアスもどうなるか次第で大きく変わると思いますのでしっかり見ていきたいところです。

ということで本題書いていきます。

ラーゴム

気性的な難しさがあり、状態面もなかなか戻ってこずというところで凡走続きではありましたが、ようやく状態面も戻ってきて結果が出たというところでしょう。

前走のレベルはそこまでではありましたけど、そこから特に上がるわけでもないのでしっかり力を出し切れれば上位でしょう。

気性的な難しさは徐々に解消しているところはありますけど、まだまだ残っているところはあるのでそれが変に出なければというのはありますね。

池添騎手がクセを掴みつつあるところだと思いますので、そこは期待できるところではありそうですが上手くいかず崩れることはあるでしょうね。

オルフェーヴル産駒ですので中京コース自体は良いでしょう。

トラックバイアスも先週時点ではラチから離れたところ、差し馬が通るような位置にありますのでいい位置には出せるのかなと思います。

ただ、中京のトラックバイアスは変わりますからね。

そこだけは注意です。

ボッケリーニ

近走は勝ちきれないことが続いているので、あと一押しが欲しいところですが、今さらそこがどうこう変わるというにはないかなと思いますので、乗り方にかかって来るところでしょう。

力はそこそこありますけど、外から思いっきりねじ伏せるほどではないですので溜めて抜け出す位置、タイミングが大事な馬ですね。

安定的に走ってくれはしますので消すということは難しいですが、重視もしずらいというのが個人的な意見です。

昨年の覇者ですけど、斤量55kgでしたので、そこから変わってますのでうーんという感じですね。

斤量負けというわけではないでしょうけど、57kgになるとそこまでハイパフォーマンスを安定して出せるという感じではないので昨年ほどのパフォーマンスは期待するのは難しいかもしれないですね。

先週は父非サンデー系が台頭していましたのでキンカメ産駒というところは悪くないですし、トラックバイアスもこの馬にとっては悪くないでしょう。

ただ、進路選択内に取ると・・・ですね。

アドマイヤビルゴ

最終的に人気をするかは分からないですけど、人気するなら買いたくはないですよね。

先行しながら、持続力を活かすというところが良くなってきているところではあるので成長は感じられますけど、それが素晴らしいものかと言われるとNOですね。

トラックバイアス的に内側が厳しいので、先行するとなかなか厳しいので外的要因にも頼るのは難しそうですので重視はできないですね。

アドマイヤ冠名なので大元は違いますけど、アリストテレスと同じようにこの馬の長所ってなんだっていう感じは否めないですね。

全体的にそれなりに走るという感じしかしないですね。

若いときよりかは成長感じますけど、長所がこれで、展開やコースなどなどから今回は良さそうだ、今回はダメだの判断ができないので困っちゃいます。

それができないということは買うべきではないということかもしれないですけどね。

まとめ

以上になります。

先週の中京開幕週ですが、トラックバイアスがかなり決まった位置を通った馬が来るという印象でしたので、継続するならばそこを通れる馬を買うことが一番になってきそうです。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました