【北九州記念 2021】穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ馬を紹介!本命派におすすめ!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

北九州記念の個人的に気になる穴馬について書いていきます。

有力馬に関しては先日公開しておりますのでそちらも見て頂ければと思います。

ハンデ戦でもありますので、穴馬台頭しっかり考えていきたいと思います。

トラックバイアスがどうなっているかにもよりますけど、先週は外完全有利の傾向にありましたので当日含めて確認は必要ですが、差しも台頭あるフラットと考えていきたいと思います。

なので、脚質問わずピックアップしたいと思います。

では書いていきます。

アスコルターレ

3歳馬ですので斤量的にはしっかりハンデもらっているので、一定注目は必要でしょう。

ゲートが決まるかどうかというのはポイントにはなりそうですね。

前走は久しぶりにゲート出るも先行して粘れずというところでした。

敗因は2つかなと思っています。

ダンチヒの〇×の×のタイミングだったというのと、シンプルに福島適性がなかったというところかなと思います。

前者は母父ダンチヒ系で、好走の次は凡走するというのが血統的特徴があります。

過去戦績を振り返ると好走凡走を繰り返していることが分かります。

2走前〇の順番で着順的には凡走に見えますけど、内容見ると出遅れからの後方待機、直線大外ぶん回しという内容でゴール前は着差は詰めてました。

なので、走っていると言えば走っている内容なんですよね。

それを考えると前走×の順番で今回〇の順番になるわけです。

後者の話をすると、血統的にはこなせるとは思うのですが、先行して粘るという血統ではないかなと思いますので、福島適性はあったのかもしれないですけど、選択した競馬の形が悪かったというところかなと思います。

血統的には坂があったほうがいいようには思いますが、ダンチヒの血がありますので小倉のスピード活かすところにも対応できると思いますし、今回は溜めてくれたほうが好走確率は上がるのかなと個人的には思っているので、厩舎コメントなどでどう競馬するのかは整理しないとですね。

溜めそうならば良いと思います。

ボンボヤージ

ファンタジストの下ですから、この距離は合っているでしょう。

前走もそうでしたが、小倉の高速馬場はカナロア産駒買っておけばOKなところはあるので血統的に順当勝ちだったと思います。

それを差し引いても小倉でしっかり勝ち鞍もありますし、舞台適性があるというところでしょう。

道中ポジションは中団やや前くらいになると思いますが、先行馬を上手く見ながら一番伸びる位置に出せるんじゃないかなという想定です。

先行してもOKですし、ある程度構えても差し脚あると思いますので柔軟にポジションは取れるでしょう。

初OPになりますし、そこそこ能力ある馬たち揃っているので簡単ではないですけど、血統的なことを考えてもOPでしっかり戦える馬だと思いますので期待したいと思います。

それよりも懸念点は、鞍上が岩田望来騎手だということですね。

僕の記事では何度も言っているところなので割愛しますけど、これはマイナス材料でしょうね。

まとめ

以上になります。

完全にトラックバイアスが外になるならもっと狙えそうな馬はいなくはないですけど、本当にワンチャンスもワンチャンスかなと思ったのでやめました(笑)

繰り返しにはなりますけど、トラックバイアスがかなり重要になって来ると思いますので、しっかり傾向は確認しておきたいところですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました