【天皇賞・春 2022】有力馬見解

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<夏競馬の激アツ情報配信中!!無料予想が絶好調!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

天皇賞・春の有力馬見解を書いていきます。

昨年に引き続き阪神での開催になりますし、京都開催とは違った傾向にあることは昨年のレース結果からある程度分かるかなと思います。

なので、昨年のレースをベースにしながら考えていきます。

ということで本題書いていきます。

ディープボンド

陣営もジョッキーもここは勝たないといけないと思っているレースでしょうね。

昨年もこのレースに出ているというところで、阪神3200mというところを経験できているところは良いでしょう。

加えて昨年2着と結果は残していますし、勝ち馬のワールドプレミアは出てこないですし、素直に評価すべきでしょう。

昨年のレースは長距離レースとしてはそれなりに流れたペースになり、全体的に消耗度の高いレースになりました。

それを好位のポジションで終始立ち回っていた分、3コーナー辺りで若干手応え怪しくなり、なんとか追い通して伸びはしましたが、一列後ろで溜めていたワールドプレミアに上手く乗られたところはあるかなと思います。

ということで緩まないペースを好位で受けながらもしっかり最後まで伸びたところはかなり強かったのかなと思います。

今年と昨年のメンバーレベル比較はなんとも難しいところではありますが、意識しないといけないタイトルホルダーはおそらく前にいるでしょうから、どのタイミングで捕まえに行くかはかなり大事にはなってきそうですね。

プレッシャーかけないのもそのままいかれてしまいますし、早めに行っても昨年と同じことになるかもしれないですからね。

週末の天気が雨降りそうな感じはありますので、そこへの対応もポイントですが、キズナ産駒ですしタフさも持っているので降ったところでパフォーマンスをとんでもなく落とすことはないかなと思います。

どう考えても飛ぶことは考えにくいですから、勝てるのかどうかというそれだけのことだと思います。

タイトルホルダー

菊花賞勝ち馬ですので、そういう点で評価はされているかもしれないですね。

菊花賞の話を出すと、いろいろ意見は出てきそうですけどね。

あとはいろんなところで出る話だとは思いますが、母方からスタミナ源をかなり補っているというところで、この距離、舞台というのはなにも問題ないというのが血統からの評価ですね。

おそらく逃げるとかのこだわりはないと思いますが、他に行く馬いなければ逃げるでしょうし、和生がここまでチャンスあるなら積極的に乗って来ることはあるでしょうね。

個人的に菊花賞で成績残しているからここでもというのは、NOですけど、この馬の場合は母方がスタミナおばけなので、菊花賞よりもこっちのほうが向いていると考えているので評価しないというのはないですね。

正直あまり不安点がなさすぎて、言うことがないですが、逃げに近い位置で競馬することを考えると、どこまで展開向くように作れるかというレースメイクにかかってくるかなと。

その分、ディープボンドよりも飛ぶ可能性は無きにしも非ずですが、よほどの乱ペースにならない限りはそれ相応の着順にはいるかなと思います。

テーオーロイヤル

上がり馬で、前走のダイヤモンドSでも圧倒的なパフォーマンスを見せたのでディープボンドやタイトルホルダーへの挑戦権はありかなと思います。

鞍上も前走も余裕があったと言っていましたので、スタミナはしっかり持っているところでしょう。

ただ、非常にネックなところが斤量ですね。

今回58kgを背負うわけですが、もちろん初めてですが、57kgすら背負ったこともないというのが不安要素ですね。

よく58kgは全然違うという話があるので、初めて背負う斤量でどこまで影響あるかですね。

純粋に斤量1kg違うと1馬身変わるなんて言われますが、58kgに関してはそれ以上にいつものように馬が動いてくれないなど影響があるようですね。

57kgすらもないというのがより不安なところで、57kgと58kgは1kgしか変わらないですが、全く違うという騎手の声があったりします。

それを思うと、いきなり58kgを背負うというのはパフォーマンスを落とす要素として考えないといけないでしょう。

パフォーマンスを落とすにしても、どこまで落とすのかということですね。

前走を100とした場合に、95なのか60なのかによって全く違います。

さすがに前走よりもパフォーマンスを上げないとディープボンドなどに迫れないのではということを思うと、ちょっと難しいのかなとも思います。

馬体も450kg台ですから、純粋に考えると斤量増のインパクトは大きいでしょうね。

こればっかりはやってみないとですけど、マイナス要素のほうが大きいのかなというのが現状の見立てです。

まとめ

以上になります。

やっぱりディープボンド、タイトルホルダーというのが強いのかなとは思います。

っていうのは大阪杯でもあったことなので、それを逆手にとって穴からいくのも問題ないと思いますし、有力馬を重視するのも悪くないでしょうね(笑)

それ相応のオッズがそれぞれあると思いますので、そこは個人のスタイル次第ですね(笑)

雨がどうかというのがありますし、先週も降って時計は出ているもののかなり消耗度の高いレースではありましたので、雨が降るのかどうかも要チェックですし、降ったらどうなのかというのも考えておかないとですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました