【宝塚記念 2020】一週前予想

重賞

こんにちは。

宝塚記念の一週前時点の見解を書いていきます。

阪神内回り2200mで行われるGⅠになります。

この距離ということはいわゆる非根幹距離になります。

GⅠで非根幹距離で行われるのは宝塚記念だけなので、ここがポイントにはなると思います。

加えて今年の開催はイレギュラーのためBコース変更1週目になります。

例年とは違った形になりますので過去データに加えて予想する必要があると思います。

人気馬見解

1番人気 サートゥルナーリア

2番人気 ラッキーライラック

3番人気 クロノジェネシス

4番人気 ブラストワンピース

ここまでが上位人気ですかね。

上位3頭が抜けた形になっていると思います。

GⅠで結果を残してきている馬たちなので当然かなと思います。

それでは各馬見ていきます。

サートゥルナーリア

今さらいろいろ言うことないですが強いですね(笑)

前走は格の違いを見せつける形となりました。その後、香港へ連れていく話がありましたがコロナで早々にこちらへ切り替える形となりました。

反動が大きい馬なので間隔を空けて臨むことは問題ないと思います。

中間の追い切りも絶好調みたいですし、当日落ち着けるかだけでしょう。

血統観点からも、母系にサドラーズウェルズ持っていますし、この時期のタフになりがちな馬場も問題なくこなせるでしょう。

ラッキーライラック

前走大阪杯を勝ってそれ以来になります。

エリ女を勝って以降軌道に乗ってます。

大阪杯に関してはトラックバイアスが内にあるなか、スタート決めてインの内を取るという抜群のポジションで競馬ができました。

最後は捌いてくるだけという形でした。

なので、そこから伸びきったのは力がある証拠ですが、トラックバイアス通りというところもまた事実です。

そのため、ここまで人気するなら枠によっては多少疑ってみる価値はあるかなと思います。

あとはミルコですから出遅れる可能性も無いとはいいきれないところです。

血統的にもオルフェーヴルなのでタフな馬場は問題ないですが、非根幹距離より根幹距離が得意ではあるのでそこでパフォーマンスを落とすことも考えられると思います。

クロノジェネシス

大阪杯2着でそれ以来のレースとなります。

ラッキーライラックのところでも書きましたが、トラックバイアスが内にありました。

その中、この馬は外枠から前に出すも1頭外をまわる形でインで溜めていたラッキーライラックに負けるという結果でした。

それを踏まえれば、逆転は可能だとは思います。

血統的にはバゴなので荒れた馬場は歓迎ですが、産駒の特徴としては、1200と2000が結果が良いですし、この馬自身も秋華賞で圧倒的パフォーマンスを見せてエリ女では、5着と敗れています。

鞍上は今年あまり乗れていませんが、重賞ではそこそこ健闘していますから問題ないでしょう。

この馬と鞍上の特徴を考えると内枠は欲しいですね。

ブラストワンピース

大阪杯7着となったレース以来の参戦。

この馬はGⅠになるといつも大外を回す形になるのはなんなんですかね(笑)

距離を短縮したときに結果を残していますので今回延長となるのでダメなのかな。

と思っていましたが、ちょっと目線を変えてみると、とある特徴がある気がします。

ハービンジャーは本来追走が楽になる延長を好みますが、この馬は逆で短縮のときに結果を出していました。

そして、根幹距離が得意だと思っています。(勝手に)

ただ、産駒の特徴の逆を行くこの馬ならこの説もあるかもしれません。

この説についてはランキングの紹介文で引き続き書いてますので確認を。

→[最強]競馬ブログランキングへ

まとめ

以上が上位4頭の見解になります。

人気薄で気になる馬もピックアップして明日あたりに書こうかなと考えています。

ブラストの見解に加えて、信頼できそうな一頭もランキングの紹介文に書いておきますのでチェックを!

→[最強]競馬ブログランキングへ


コメント

タイトルとURLをコピーしました