【宝塚記念 2020】穴馬考察

重賞

こんにちは。

タイトルの通り穴馬について書いていきます。

個人的にピックアップしている馬なので参考程度に。

穴馬ピックアップ

・キセキ

・レッドジェニアル

この2頭について見ていきます。

本当はもう一頭くらいあげたかったですが、みんな似たり寄ったりなのでやめました。

挙げた2頭については強調したい部分があるのでそこについて書いていきます。

キセキ

春天以来のレースとなります。

前走に関してはスタート後は3番手から競馬を進め、1週目直線でハナを奪うという形になりました。

まず、菊花賞を勝っていることや馬体からステイヤーと思われがちですが、血統的にも気性的にもステイヤーではないと思います。

なので、前走のレース選択自体がミスだと思います。

今回の距離くらいのほうがベストでしょう。

あとは絶対に逃げたいところにはなります。ただ、この馬スタートが遅いんですよね。

2走前にゲートが出なかったのは致命傷でしたが、それをなしにしても元々スタートは遅いです。

結果を残していたときも川田が押して出していってましたからね。

鞍上が前走から継続で武豊になりますが、馬のリズム重視で行くので正直合わないとは思っています。

馬のリズム重視がゆえに前走の組み立てだったと思います。

前走と同じくスティッフェリオ、ダンビュライトがいますがそれを制すくらい出していかないと無理だとは思います。

ネガティブなことばかりここまで言っていますが、なぜピックアップしたかというのは、2度同じミスはしないと思っているからです。

スタートが致命的に出なければ無理ですが、前走くらい出ればハナを叩くと考えています。

そうなれば、この馬の形ですし、Bコースに変わる今週のトラックバイアスを味方にできると考えています。

能力はある馬ですからスタートと鞍上次第でしょう。

レッドジェニアル

穴馬として一番面白いのはこの馬だと思っています。

キングカメハメハ×マンハッタンカフェという血統構成です。

この構成というのが今回の非根幹距離で行われる舞台がぴったりだと思っています。

詳しく言いますと、キングカメハメハ(キングマンボ系)というのは母系の力を引き出します。

そして、マンハッタンカフェの特徴として非根幹距離に強いということです。

産駒の代表であるクイーンズリングやルージュバックの戦績を見てもらえれば納得すると思いますが、非根幹距離の前哨戦で勝ち、本番の根幹距離で負けているというのがほとんどです。

キングマンボとマンハッタンカフェの特徴を考慮すると今回のこの舞台というのはぴったりだという考えに至るわけです。

さらに、それらを強調することができるものが、この馬自身の戦績です。

新馬から勝ち上がるのに3戦必要とし、それらはすべて2000mでした。勝ち上がったのちも2400mを使い馬券外に飛んでいます。

そして、京都新聞で後のダービ馬であるロジャーバローズを負かして見事勝ちました。

その時の距離というのが、2200m。つまりは非根幹距離です。

それ以降、クラシック、各重賞使っていますが全て根幹距離です。

前走3着していますが、根幹距離のもの。1ハロン伸びて非根幹距離になることはこの馬自身適性面でプラスであり、前走からの上昇は間違いないと思います。

あとは能力が足りるかという面と他の馬たちが非根幹距離ということでどこまでパフォーマンスを落とすかという2点です。

間違いなく買っておいたほうがいい一頭と考えています。

まとめ

以上穴馬2頭の考察にになります。

とんでもなく根幹距離、非根幹距離という言葉が出てきてもういいよとなったかもしれないですが、それほどポイントであると考えているからです。

穴馬なので買うも買わないも購入者次第だと思いますし、私の話した理論が納得できなければそれはそれで問題ないと思います。

10人いれば10人違う理論、予想を持っていると考えています。

ただ、自分の固定概念に捉われすぎず、人の考え方を参考にしてみると違ったものが見えてくると思います。

参考になればと思います。

なんか、日本語おかしいところがあったかもしれないですけど、眠気と闘いながら書いていたのでという言い訳をさせてください(笑)

最後にランキング紹介文のほうでラッキーライラックについて思うことが出てきたので載せておきます。多分650位くらいにいます(笑)

    ↓
最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました