【新潟2歳S 2022】有力馬見解&穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<夏競馬の激アツ情報配信中!!無料予想が絶好調!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

新潟2歳Sの有力馬見解と個人的に気になる穴馬について書いていきます。

ざっとメンバー見た感じ例年に比べてレベルが低いですね・・・

暑い時期ですし、ここで仕上げてもというのもありますからね。

ここで結果を残した馬の息はそこまで長くないですし、ディープ産駒もほとんどいない世代なので、末脚自慢みたいな馬も今世代少ないのであんまり出てこないのかなという推測です。

ということで本題書いていきます。

有力馬

ロードディフィート

予想オッズではありますけど、この馬が一番人気になってしまうあたりがレースレベルの低さを物語っているような・・(笑)

弱くはない馬ですし、そこそこの完成度にある馬ですけど一線級の馬でもないですしって感じですね。

2戦東京1400mで走ってきましたが、今回1ハロン延長のマイル戦になりますが、延長はあまり歓迎ではないかなと思います。

その理由として2つ、血統と走り方ですね。

血統のほうはデクラレーションオブウォー産駒ですが、マイルがギリギリかなという感じの馬です。

加えて、母も短い距離で走っていた馬でしたので構成からして、これまでの条件もしくは短縮した条件が現状ベストかなと思います。

母がフランス牝系ですので、マイルで溜めさせればいい脚を使ってくれる可能性は十分にありますが、潜在的には短いところが向いていると思います。

走り方に関しては、体が小さいというのもあるかとは思いますけど、頭の低い走りでスピード勝負に長けているような馬の印象です。

なので、その面からも新潟外回りのような溜めてドンになりやすい条件だとイマイチなのかなというところです。

ただ、メンバーレベルも低いですからスピードで押し切ったりということは十分に可能でしょうけど、セオリー通りの新潟外回りのイメージでとらえるとあまり向いていない条件なのかなという印象です。

アイスグリーン

調教ではしっかり動けているので、現時点でそれなりに動ける状態にある馬だと思います。

ディアンドルなどを輩出している牝系ですが、揉まれ弱かったり、周りを気にしたりする馬が多く出て、この馬もその面は出ていると思います。

初戦は内枠からになり、周りに馬を置いての競馬で伸びきれず、前走は外枠から揉まれることなく行けたので、それだけではないと思いますが、パフォーマンスを上げられた一つの要因だったと思います。

今回ですが、頭数も落ち着きそうなので内枠を引いてもある程度は許容できると思いますし、直線も多少ばらけてくれるのでパフォーマンスは発揮できると思います。

モーリス×スペシャルウィークなので、溜めてドンよりかは一定の脚を使わせることが合っているでしょうから、先行していかに粘れるかですね。

メンバーを見たときに、溜めてドンして強烈な馬もいないですから、前で粘り通すことができるこの馬は今回に関しては悪くないでしょう。

トラックバイアスが若干外寄りになっているので、先行するこの馬としてはあまりよくないですが、もしかすると距離ロスなくした内を走るパワー型が強い傾向に出るかもしれないので、他のレースを見てどういう傾向に出ているかはチェック必要ですね。

本来ならば買わない馬ですけど、このメンバーならば買わざるを得ない馬かなという印象です。

シーウィザード

これが3番人気なんですね・・・(笑)

あんまり評価はしたくないなという印象ですが、未知な面もあるのでそれで買うというのも悪くはないでしょうけど・・・

評価したくないというのが、函館で勝っている点と血統面ですね。

東京で使おうとしていたところが、除外されて函館に持って行ったというところですので、東京でも勝負になると考えていたのかなとは思いますけど、個人的には函館で正解な印象です。

ピーチパトロール産駒ですけど、北海道ではちらほら勝っていますけど、速い芝に対してはスピード不足かなという印象です。

なので、新潟で買える産駒ではないというのが個人的な考えです。

これが東京で走って結果を残していればまだしも、函館ですからね。

少なくとも、札幌ならばコーナー角が緩いので主流的要素が求められるので、親和性が無きにしも非ずと言えたのですが、函館となると真逆ですからね。

競馬の形も逃げて、スローに落として逃げ切ったというなんの味もない競馬だったので評価し難いなというところです。

もう一度逃げますでもいいですけど、逃げたとて感は否めないですね。

調教の感じから末を伸ばすことは長けていそうですけど、Wコースでのものと考えると速い芝でそれができるのかどうかですね。

馬体はかっこいい馬ですので、それだけ見ると買えるかもですけど、本質はここではない印象です。

穴馬

バグラダス

こういう馬が穴馬として挙がってしまうくらいですね(笑)

初戦はダート短距離で逃げて勝ったというところで、今回評価できる要素はほとんどないです(笑)

なぜ挙げたかというと、血統です。というかそれだけです。

マジェスティックウォリアー産駒ですが、母父ディープなので、そこに期待する、ただそれだけです。

脚元の作りから芝でも対応できそうな印象を受けており、母父ディープの血があるので溜めて味がある可能性は無きにしも非ずかなと考えています。

初戦は逃げての競馬でしたので逃げず、溜めてどこまでやれるのかはやってみないとですけど、調教では3頭併せの真ん中をやったりしているので、周りに馬を置いての調教は積んでいるのでレースでも一定できるのかなと考えています。

時計の出し方も、徐々にラップを上げる形を取っており、マジェスティックウォリアーの持続力と母父ディープの末脚というのが上手くマッチしているかもしれないなという考えです。

速い芝に対して同じような脚の使い方をできるかは分かりませんけど、このメンバーならその可能性に賭けてみるのも悪くないかなというのが個人的な意見です。

キタウィング

ミルファームなら連闘で出してくると思いますけどね。重賞ですし。

ただ、出てきたら状態面次第ですけど面白い存在だと思っています。

というか同じ条件で走っているのでこの馬が一番計算できます。

前走は早めに抜け出した2着馬を目標にして差しきりましたけど、今回もそういう局面にできるのかなと思っています。

なので、形としては溜めてドンで先に抜けて行った馬たちを目標にゴール前で差しきるという先週の再現をするだけでしょう。

上りの脚もしっかり使えましたし、ダノンバラード産駒はなかなか今年アツいですからね。

杉原騎手はビリーバーで札幌行ってしまいますが、こっちに乗ったほうが可能性があったんじゃないか説ですね(笑)

まとめ

以上になります。

相当メンバーが薄いですね。

有力馬もなかなかですけど、穴馬で挙げている馬もなかなかですからね(笑)

未勝利戦でもおかしくないレベル感になりそうです(笑)

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました