【日経新春杯 2023】有力馬見解&穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ情報配信中!!無料予想が絶好調!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

日経新春杯の有力馬見解と個人的に気になる穴馬について書いていきます。

中京の芝コースのトラックバイアスが一度外寄りになったかと思いきや、内に戻ったりなど相変わらず難しい状況にあるので、一応月曜時点での内有利のバイアスで考えていきたいと思います。

ということで本題書いていきます。

有力馬

ヴェルトライゼンデ

ジャパンカップ3着からの一戦ですね。

前走は、スローからの瞬発力勝負になったので、それでは分が悪いでしょうから負けてしまったところは仕方なかったですが、鞍上が素晴らしい騎乗をしたかなと思います。

直線の勝負所で内にいた馬と進路争いになりましたけど、先に馬体入れてこじ開けようとしてきた内の馬を完全にブロックして全く進路を譲らなかったので、あのあたりがGⅠレースの外国人騎手だなというところですね。

脚元の不安は抱えつつも、状態面さえ整っていればしっかり力は出してくれますね。

舞台は中京に変わりますけど、この父産駒なだけにプラスでしょう。

馬場もタフになっているので、良いところですね。

ここに出てくる意味もあまり分からないですけど、春は大阪杯と宝塚が目標でしょうから、脚元の不安なども考えると間隔空けて一つずつ使っていこうという感じですかね。

今さらこの馬の能力を疑いようもないので、状態面さえ整っていれば嫌う要素もさほどないかなと思います。

ロバートソンキー

渾身の伊藤工真の騎乗を見たいですね(笑)

オールカマーでも2着に来るくらいなので、馬の力があるのは間違いないです。

トラックバイアスが上手くハマったというところは否めないですけど、昔から評価していた私としては驚きの激走という風には思わないですね。

条件としても、タフなコンデションでも問題ないですし、この非根幹要素の強いところは大歓迎なので、問題ないでしょう。

理想ではもう一列前で運びたいところではありますけど、テンが少し遅いので、思ったところは取れないのかなと思います。

それでも、しっかりリズム守って乗ってあげればラストは脚使ってくれるので展開面には左右されますけど、良いかなと思います。

内にバイアスあるなら、構えて内で良いと思いますし、外にあるなら頑張って追ってくれればですね(笑)

ヴェローナシチー

相手なりには走れるのでしょうけど、勝ちきるためのワンパンチには欠けていますね。

長く脚を使えるのは間違いないですけど、勝つための脚という感じではないですね。

前をそこそこ飲み込みつつ抜けてくることはできるのですが、長く脚を使おうとするがゆえに早めに動いて、飲み込んだところを利用されるという感じですね。

どうやら気性的なところがなかなか変わってきていないみたいなので、間を割って来るとかができずぐるっとまわす形になるので、そうなると中京ですからドンピシャハマるか、バイアス負けするかという二極化かなと思います。

川田騎手ですけど、どうにもこういうタイプは合わない気がしています。

あんまり腹くくった競馬とかしてくれないですし、揉まれ弱いのにわざわざ馬の間に入れて競馬に参加させたりとかがあるので、うーーんという感じではありますね。

人気するならそこまで重視をしたい馬ではないですね。

穴馬

サンレイポケット

そろそろですかね(笑)

昨年はなかなか状態戻ってこずで結果が出ませんでした。

年齢によるものかもしれないですけど、前走見るともしかしたらという感じですね。

もともと右回りは得意ではないですし、休み明けもイマイチな馬なので、そんな中でそれなりに走れたので、左回りと一つ使ったことによってパフォーマンス向上はあるかなと思います。

前走和田騎手に乗ってもらってしっかり追ってもらえたと思うので、そこでなにかしらのスイッチさえ入ってくれていると面白いですね。

トラックバイアス次第にはなると思いますけど、さすがに大外ぶん回しでやれるほどの力差はないでしょうから、せこく乗って3着以内に割ってこれればですね。

まとめ

以上になります。

上位人気馬たちはそこそこ強いかなと思いますので、あとはころころ変わるトラックバイアスがどうか次第で評価は変わってきそうですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました