【毎日王冠 2021】有力馬見解

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ馬を紹介!本命派におすすめ!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

毎日王冠の有力馬見解を書いていきます。

京都大賞典と同様にこちらも東京開幕週ですので、トラックバイアスは内がまずは有利になってくるのでそこは抑えておきたいところですね。

春の実績馬たちの始動戦ですので、注目にはなりますし人気は集めてきますのでその中の序列もどうなのかを考えられればと思います。

シュネルマイスター

NHKマイルを勝利後に安田記念に出走し、3着という結果でした。

なので、対古馬というところでは一戦していますので、ある程度の力は見えているかなと思います。

そのときは斤量差は牡馬とならば4kg差というのがあっての内容ですので、今回は2kgに縮まるというところですので夏を越してどこまでの成長力を持っているかはポイントですね。

単純な話をするならば、4kg差で負けたダノンキングリーと2kg差にはなりますので逆転には成長が必須とも言えるでしょう。

この馬は相当強いと思いますし、〇外馬ながら東京で結果を残しているという事実は評価できることですが、この春の東京は時計は早いですけど、ブラッドバイアスとしてノーザンダンサー系を持っていることが好走の条件でしたのでそこにハマっていたとも見れると考えています。

それにハマっただけであれだけのパフォーマンスができるというわけではないですけど、そういうことがあって本当の軽い東京馬場で走れるかは今回証明するところでしょう。

レース終わって杞憂だったとなるかなと思いますけどね(笑)

父キングマンですからスピードには長けていますし、追い出してからの反応の良さがこの馬の長所でもありますので、好位から競馬をして楽々抜け出してくるというのが考えられるところですね。

天栄ですので休み明けは気にする必要ないでしょうし、ルメールも本番とセットで騎乗でしょうから変に疑う必要もないかなとは思っています。

ダノンキングリー

安田記念を勝ち、力を証明した形だったと思います。

GⅠで善戦していたところからリズムを崩していましたので、人気はなかったですが川田騎手が上手くレースまで持って行ってのレースでも見事なエスコートだったと思います。

安田記念前まで順調さを欠いていたことを考えれば、前哨戦のここを使えるということは非常に良いことでしょう。

シュネルマイスターのところでも書きましたが、春の結果と今回の斤量差を考えればこちらを上に取ることが普通でしょうね。

ただ、ちょっと待ったをいいたいところがありまして、安田記念はトラックバイアスが外だったんですよね。

ちょうど通ってきた位置が一番伸びるところだったので、傾向に上手く乗っての好走とも言えなくはないわけです。

しっかり伸びる位置に出して走らせることも競馬の一つですので、否定はできないですが、そういうのもあったというのは頭の片隅に置いておくところですね。

川田騎手のインタビューの中で、この馬は緩いという話をしていて安田記念のときもそうだったと言ってますしレース中も走りのバランスを崩さないように繊細に乗ったというような話もしていましたので、一つ崩れると上手く走れない可能性があるのかなとはそのコメントからは感じます。

順調に使えるところは評価したいですが、そういう危うさも残っていることは考えておきたいですね。

ヴァンドギャルド

まさかのドバイで結果を残すとは思わなかったですね(笑)

マイル戦線は日本が強いというのは間違ってないですね(笑)

昨年秋に富士Sで勝っており、東京での結果は残しているのでそこは良いところですね。

それでも、この時は外目をディープ×サドラー系などの反主流血統の組み合わせが激走しておりそれにがっちりハマっていたというところです。

そういうところの傾向の違いから東京新聞杯での敗戦もあるというところですので、能力上位というわけでもないと思います。

シュネルマイスターやダノンキングリーとの地力差はあると思いますので、ここは評価し難いのかなと思います。

これを買うなら前目で粘り込めそうな馬を買いたいなという気持ちですね。

まとめ

以上になります。

シュネルマイスターとダノンキングリーとの2強であることは間違いないでしょうけど、危うさは持っているのもまた事実かなと思います。

粗探ししまくっているのでそう見えるだけかもしれないですけどね(笑)

強い馬を強いと評価するのはなかなか難しいことですから、そう思ったなら裏切られるまで強いと信じて買うことがベターでしょうね(笑)

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました