【秋華賞 2020】全頭診断①

重賞

こんにちは

秋華賞の全頭診断Part1やっていきます。

出走メンバー確定前に書いていますので抽選対象馬も書きます。

アブレイズ

オークスと前走ローズSはコースが向いていないと思うので凡走は仕方ないと思います。

戦績見ても分かるように直線長いコースよりも立ち回りの生かせるコースのほうがいいでしょう。

なので、この面からも長所と短所は見えてくるかなと。

長所は好位でしっかり立ち回れるところ、短所はキレる脚がないところという感じだと思います。

開催2週目ならば本来なら長所が生かせるような馬場状態にあったと思いますが、いきなり雨の中の開催でもありましたし、それ以前にタフ馬場で内が有利な馬場という感じでもありませんでした。

なので、コース適性は十分だと思いますが、トラックバイアス含めると厳しいかなと思います。

ウインマイティー

前走時の見解として、ウインの外厩明けはマイナスポイントとして危険馬として出しました。

賞金も足りていた身なのでそういった側面からも仕上げる必要はなかったでしょう。

なので、今回一つ使った上積みは持っていると思いますし、仕上げられていなかった前走でも最後は脚をしっかり使えていますからオークス3着の評価は落とす必要ないかなと思います。

馬場はゴールドシップ産駒なので悪くなることは戦績から見ても歓迎だと思いますから今の馬場でも問題ないと思います。

過去見ても内で上手く立ち回っているので、内目の枠は欲しいところだと思います。

ウインマリリン

オークス以来の1戦。秋華賞直行というローテで来ました。

上で少し触れたようにウインの休み明けになりますから、その面を考えるとあまりプラスに働かないように思います。

デビュー当初から松岡騎手が相当買っていた馬でしたから、騎手目線から見てもいい素質を持っている馬だということです。

一つ気になるのは、春の東京開催はロベルト持ちがとにかく走っていたという血統傾向にあったためそれに上手くハマって好走していたというのが考えられる一つの可能性です。

先行して持続力を生かす競馬をしますから、コース自体は悪くないですが、それを生かせるような傾向に出るのかというところが怪しいなと思うところです。

週末の天気というのは気になるところです。

能力はあるけど不安要素がやや多いかなというのが現時点での評価なので、こっちのウインじゃないかな・・・というのが今の心境です。

オーマイダーリン

連闘でローズSを使い3着で権利取りに成功しました。

押せ押せのローテで使っていますから上積みは考えられないのでどこまで状態維持できるかという感じですね。

脚は持っているので上手く直線馬群をさばいて来れれば3着ならという感じですかね。

外回して差せるほどの脚はないと思います。

クアヴァシュドール

いい馬だったという過去形ですね。

春の使い詰めはよくなかったと思いますし、成長した感じも前走からは見れませんでしたから過去の走りを見ると買いたくなる人も多いかなと思いますが、見限ったほうがいい馬かなと思います。

クラヴェル

いい馬だとは思いますが、降級制度なくなって以降の上がり馬の成績は良くないと思うので、ここでは少し難しいのかなと思います。

派手な競馬をするタイプではないので、評価も難しくはありますが重賞レベルに入っては少し足りないかなと。

母ディアデラマドレは走る馬を良く出しますが一線級には少し届かないという感じです。

タフな馬場コンディションなのは問題ないと思います。

なので良馬場よりも雨が降ってくれたほうがまだ圏内の可能性はあるかなと思います。

まとめ

以上になります。

前哨戦の記事のときから書いていますが、デアリングタクト以下はそこまで大差はないかなというのが春時点の構図でしたし、前哨戦を経ても大きくは変わっていないのが私の中の考えです。

なので、どの馬が入って来るのかどうなのかの線引きはしておきたいところではあります。

今回取り上げた中での注目馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました