【秋華賞 2020】全頭診断②

重賞

こんにちは

秋華賞の全頭診断Part2をやっていきます。

メンバー確定前に書いてますので抽選対象の馬も含まれています。

サンクテュエール

今までルメールが乗ってきていて、こちらではなく抽選対象のレイパパレに予定となっています。

なので・・・そういうことですよ(笑)

おそらくですけど、春の時点で通用しないという評価になり、可能性のある馬ノーザン馬に営業かけたという感じですかね。

レイパパレが抽選漏れれば乗るとは思いますが勝負という感じではないでしょうね。

ソフトフルート

抽選対象です。

血統構成見ると母父はキングマンボですが、どちらかというと米国よりなので今回の適性に関しては疑問という感じではあります。

脚は持っているタイプなので、上手くトラックバイアスに乗せて馬群を縫ってこられれば3着の可能性がなきにしもあらずかなと思います。

ダンツエリーゼ

抽選対象馬です。

ダート馬なので記念出走でしょうね。

後方脚質の馬ですから、特に他馬を邪魔することなくレースを終えるんじゃないですかね。

芝での追走は厳しいと思います。

デアリングタクト

どうしたら飛ぶんですかね(笑)

極悪馬場の桜花賞でも勝ちましたから馬場悪化によるパフォーマンスの低下も考えにくいですし、オークスも道中だいぶ厳しい競馬を強いられながら、直線あの位置から勝ち切ってしまうとなれば包囲網する以外無理だろと思っちゃいます(笑)

唯一可能性があるならテンション面かなと思います。

オークスのときもパドックではチャかついていましたし、テンション高めでした。

オークスのときは馬場に出て輪乗りの状態では落ち着いていましたが、今回それがどうかというところですね。

僅かではありますが観客も入りますし、そこでどうなるのかという感じですね。

なので、あくまで競馬なので道中簡単なレース運びができないかもしれないですが不利を少し受けても馬券内には来ると思いますし、完全に飛ぶというのを想定すると外部要因というよりはテンション面などの内部要因だと思います。

かなりの数は乗って調整してきているので問題ないと思いますが、ノーザン以外の休み明けなのでそこは少し気になるところです。

JRA的には牡馬も牝馬も3冠っていうのでプロモーションしたいと思いますから、向くように馬場は仕上げてくると思いますし、先週からそんな傾向も・・・(笑)

パラスアテナ

ルーラーシップですから、中山2000mはめちゃくちゃ走りますから適性面で十分浮上する要素のあった前走です。

悪くない馬だと思います。

母父スペシャルウィークは非常に優秀な馬を出しますし、溜めて脚を使うという形を取ればかなり良い脚を使ってくれます。

前提としてデアリングタクト以下は大差がないので激推し!というところまでは至らないんですよね・・・

前走は適性で上回った部分もありますが、フロックではないと思いますし、十分馬券内に入る資格のある馬だと思っています。

フィオリキアリ

さすがに厳しいでしょうし、足りないでしょう。

まとめ

以上になります。

やっぱりデアリングタクト以下の評価というのが後にも先にも難しいなという感じですね。

デアリングタクトを注目としてもつまらないので、それ以外で今回取り上げた中での注目馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました