【秋華賞 2022】有力馬見解&穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<夏競馬の激アツ情報配信中!!無料予想が絶好調!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

秋華賞の有力馬見解と個人的に気になる穴馬について書いていきます。

今年も阪神内回り2000mで行われますので、ややタフなコースとなります。

先週の阪神のトラックバイアスは、内ラチはあまりよくなくある程度離したところが伸びていたかなと思いますので、それを踏まえて書いていきたいと思います。

雨も書いている段階では降りそう?ってくらいの感じなので、一応降った時のことも踏まえて書いていきます。

メンバー確定前に書いていますので、抽選除外になった馬を挙げている場合があるかもですが、ご容赦ください

ということで本題書いていきます。

有力馬

スターズオンアース

3歳牝馬レベルが低いので、この馬が本当に強いかどうかは分からないですけど、同世代限定戦ならば結果を出しているので上位と見るべきですし、夏の上がり馬で逆転できそうな馬もいないかなという感じなので、必然的に上位には来るでしょう。

問題は自分にあるかなと思います。

軽度ながら骨折明けになりますので、完全リセットしてからの立ち上げになりますので、そのあたりがどうかという点ですね。

調教の動きや調教師コメントなどなどでは問題ない感じは出ていますけど、実際走ってみないとというのは否めない点ですね。

阪神内回りコースになりますけど、問題ないかなと思います。

末脚に特化しているとか、何かに特化しているというよりは総合力の高さがこの馬の強みかなとも思いますので、競馬場やコース形態問わずしっかり走れるのかなとは考えています。

もちろんベストパフォーマンスを出せる舞台はあるでしょうけど、パフォーマンスを落とす幅も小さいでしょうから、それなりには走ってくれるでしょう。

一つだけ重箱の隅をつつくならば、GⅢで勝ちきれなかった時には抜け出した時に、内にモタれる面を見せていたので、そういう面を見せないかですね。

そうなっていた理由が気性的なところだとは思いますので、ちょっと違うかもですが、久しぶりのレースで道中のプレッシャーなど苦しくなったときにそういう面が出る可能性はあるのかもなというのは考えています。

雨降りすぎるとよくはないですけど、血統的にある程度は問題ないですし、トラックバイアスがやや外寄りになっているところは歓迎でしょうね。

スタニングローズ

前走紫苑Sで叩きの一戦ながらしっかり勝利したので、ここにしっかり弾みがついたかなと思います。

高野厩舎というのもありますので、坂路で多くやっている分、体型などがマイラーっぽく見えるとは思いますけど、血統から本質は中距離が良いと思います。

なので、フラワーCからの好走が目立つのかなと思いますし、個人的にはオークスで自信の本命にしたので間違いではないと思います。

キンカメ産駒ですので、成長曲線としては3歳春で完成するようなタイプではないと思いますので、前走の馬体増は余裕分もありますけど、成長分も多いと思います。

好位からの競馬なので安定性は抜群に持っている馬だと思いますし、キンカメ産駒らしく器用さもある馬なので内回りコースは合っていると思います。

溜めれば早い脚も使えるとは思いますけど、前で立ち回って持続力というのが合っているタイプですので、安定感は十分にある馬でしょう。

雨が降っても問題はないですけど、トラックバイアス的にちょっと向かないかなという印象はあります。

好位で立ち回ろうとしたときに、どこに最後出すのかがかなりポイントにはなって来ると思います。

前に馬を置く形になったときに馬群割ったりなどしても、バイアスなくて外の馬にやられそうですので上手く内で溜めて、直線だけ外に出すという形を取れるならば、一番いい位置を先に取れるのかなと思います。

なので、早めに動かす形にはなると思いますので、しっかり後ろを凌げるかどうかですね。

ナミュール

どうやら休養挟んで馬体をめちゃくちゃ増やしているという話ですね。

なので、春はスラっと見えた馬体もボリューム感増しているという感じになりそうですね。

ハービンジャー産駒で大きく馬体を増やすという事例で、ディアドラがそういうところがありましたので、増えていること自体は個人的には好感ですね。

構成を見たときに、ディアドラは母父スペシャルウィークで、こちらはダイワメジャーですから、もしかするとこの馬体増は馬のタイプ変わっている可能性はあるのかなと思います。

ディアドラはスペシャルウィークですのでキレは損なわれなかったかなと思いますが、ダイワメジャーなのでもう少しタフな感じに寄るのかなと考えています。

ということで、2歳から3歳春までに見せいていたキレキレというところから、もう少しパワー寄りにシフトしている可能性は考えられるところかなと思います。

それの良い悪いはなんともですけど、今回のコースで言うならば悪くないことだと考えています。

実際走ってみないとなんとも言えないですけどね。

これまでは賞金面などなどで余裕持ったローテ組めず2走目で凡走や、桜花賞に関しても全くトラックバイアス向かなかったので仕方ないところが多かったと思います。

今回は休み明けでこれまでベストパフォーマンスを出してきたローテですので、良いでしょう。

トラックバイアスは大歓迎な状態だと思いますし、雨に関してはキレを長所としていた場合にはあまりよくなかったでしょうが、パワー寄りにシフトしていると仮説を立てるならば問題ないでしょう。

穴馬

ウインエクレール

前走は負けてしまいましたけど、展開も難しかったですし、勝ちに行っての結果だったのでそこまで悲観しなくても良いかなと思います。

この馬の使ってきた上りを考えると、時計がかかってくれるならばという感じですね。

なので、雨が降って上りがかかるような馬場になってくれるならば一気に浮上してもおかしくないかなと思います。

もう少し成長は後かもしれないですけど、ディープ産駒ですので、この内回りコースはディープ産駒強いので雨降ってタフコンディションになってくれることを祈るところから始めたいですね(笑)

ルージュラテール

こだわってマイルに使っているので、マイルがベストなのかもしれないですけど、鈍いところもあるので延長は意外と悪くないのかなと考えています。

前走は追い出すところで、外からブロックされて一度その馬を行かせてから外に出してという感じだったので、上手く乗ったとは言えないなかでの勝利だったので、着差以上に強かったのかなとも思います。

走り方見ていても、前脚のストライドが伸びるというよりかきこむ走り方をしているので、外回りコースとかよりも、タフな内回りコースのほうが合っている可能性はあるのかなと思います。

ハーツクライ産駒でもありますので、距離を延長するということに関しては問題ない血ですので、走らせてみたら意外とこっちのほうが良かったというのはあるかもしれないので、期待してみたいですね。

人気馬たちとの実力差はなんとも言えないですけど、対戦していないので未知の魅力は十分かなと思います。

あとは4/8の抽選を突破してくれるかですね。

まとめ

以上になります。

春の実績馬とそれ以外では少し差があるのかなとは思っていますけど、そういうのがあってこその穴でしょうからこういう若駒戦は自分が信じる可能性に従って買うのが納得いくでしょうね(笑)

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました