【菊花賞 2021】全頭診断 Part3

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ馬を紹介!本命派におすすめ!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

菊花賞の全頭診断Part3を書いていきます。

Part1,2は先日公開しておりますので、ぜひそちらも見て頂ければと思います。

この記事公開時には枠番確定しているかもしれないですが、確定前に書いていますのでご容赦ください。

では書いていきます。

レッドジェネシス

前走はしっかり荒れた馬場への対応をして、ステラヴェローチェに迫るという内容でした。

過去戦績からも上がり勝負では分が悪いというのがあるので馬場が渋ったことによる上りのかかる勝負になったことが好走の一つの要因かなと思います。

既出の情報かもしれないですが、友道厩舎は中長距離のレースでは強いです。

コースの長めから末を伸ばすという調教過程をよくやりますので、長いところに対してのリズムというのが日頃の調教で身についているところなのかなと思います。

主はコースですし、坂路で強く追うことも少ない厩舎ですので、厩舎所属馬全体見ても、筋肉量豊富な馬よりもスラっとした馬が多い印象です。

なので、そういう作り方をしているところが長い距離への適性を生んでいるのでしょうね。

サドラーズウェルズの影響を受けているのが、そういうタフな内容を得意としている馬ですので、距離延長への対応も問題ないと思いますし、上りのかかる内容になりそうなのもプラスと言えるでしょうね。

あとは、前走の極悪馬場で走ったダメージが残っていなければというところですね。

十分に評価してよい一頭でしょう。

ロードトゥフェイム

非常に良い馬だと思います。

岡田スタッド生産らしい馬だなという感じです(笑)

ホワイトマズルとマルゼンスキーという重めな血が入っていますのでタフになる今回は適性ありと見てい良いでしょう。

純粋に距離という点では何とも言えないですけど、馬体の感じだと胴長ですし、無駄な筋肉がついている感じもないですから距離への対応は可能なのかなと考えています。

中山や福島なら強いでしょうね。

あとは騎手が残念なのでここは見ですね(笑)

ワールドリバイバル

エピファネイア産駒なので延長に関しては問題ないでしょう。

逃げるのかどうかというところもありますけど、逃げたほうがこの馬の特徴は出ると思いますし、津村騎手もそっちのほうが上手いと思いますので、逃げられればですね。

エアサージュやタイトルホルダーがどこまで主張するかというのもありますし、この馬自身もどこまで主張するかによりますね。

エアサージュは引かなそうな気もするので、番手に控えることになるのかなと思います。

その想定で行くと、実力出し切れないかなと考えますので、ここではないかなと思います。

ヴァイスメテオール

母父キングヘイロー、母母父トニービンですので長い距離への対応や、小回り的なスピードはどちらも持っていそうかなと思います。

キンカメのヌレイエフと母方でもヌレイエフありますので、ヌレイエフクロスがあるところもスタミナ、パワーが増幅できているところでしょう。

岩戸厩舎ではなく、K村厩舎ですので、直行で天栄明けという点では評価できるところですね。

穴ならこれかなとは思いますけど、関東馬ですからね。

輸送などなどに耐えられるかどうかですね。

内枠引ければチャンスありかなと思います。

ヴィクティファルス

あまり評価されていないのは、周りも良いからなのでしょうかね。

血統の字面からはかなり評価できそうな感じですけどね。

ハーツクライ×ガリレオ×ロベルト系ですから距離伸びることも問題ないですし、タフになりそうな阪神での開催もプラスでしかないでしょうね。

雨でも降ってくれればかなりアツい存在だったのですが、晴れそうですからね。

先週雨降って固まって高速馬場になるのか、逆にタフなほうへ馬場が進んでいくのかによってこの馬の評価は変わるかなと思います。

前者ならば厳しいと思いますが、良馬場でも後者であるならばよいでしょうね。

春は少しローテも厳しいところでしたし、前走も上手く捌けずでしたので、今回は見直せる一戦だと思いますし、条件も向きそうなことを考えると期待できそうですね。

池添厩舎なので、少し筋肉量多い印象ですけど、これまでもしっかりコースの長いところを中間に混ぜながらなので、ここに向けた調整ができていれば問題ないでしょう。

ヴェローチェオロ

ステラヴェローチェと同馬主ですので、ワンチャン〇ームプレイはあるかなと思います。

逃げる馬ではないので、ラビットではないでしょうけど、捲ることはできる馬ですから、道中似たようなポジションから必要であれば先に動いて前を動かして、あとからステラヴェローチェがやってくるというのはあるかもですね。

ゴールドシップ産駒なので適性はありそうですけど、単純に能力差があるかなと思いますのでサポート役になるのかなと思います。

まとめ

以上になります。

全頭書き終わりましたが、ある程度絞れてはいるかなと思います。

あとは枠ですね。

当然どの馬も内枠は必須でしょうけど、好位を取りたい馬たちが外目に入っちゃうとごちゃついてスタート後のポジション争いで後手を踏むこともあるでしょうから、並びも相当重要にはなってくるでしょうね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました