【菊花賞 2023】有力馬見解&穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※PR※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ情報配信中!!無料予想が絶好調!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

菊花賞の有力馬と個人的に気になる穴馬について書いていきます。

京都改修工事により、2年阪神開催でしたが、工事も終わり今年から京都ですね。

阪神と京都では全く違うレースになるかと思います。

阪神だとスタミナ、京都だと直線スピードが求められるところにはなるのでその辺がポイントにはなってくるでしょう。

ということで本題書いていきます。

有力馬

ソールオリエンス

セントライトは負けてしまいましたが、勝ち馬がメイチもメイチの仕上げでしたし、上手く乗れた方は向こうだったのである程度の負けは仕方ないかなと思います。

4角で少し外に振られた不利はあったというところで、レース後武史がコメント拒否したくらいだったので乗っている側としては結構致命的に感じたのかなと思います。

ただ、見ている側としてはそんな致命的だったのか?という感じではありましたね。

あくまで見ている側なので偉そうなことは言えないですけど、この馬自身の問題もややあったのかなと思います。

春まで見せていたコーナリングで外に膨れるところは、春よりはましでしたがそういう気は見せていたと思います。

あとは休み明けの分もあったかと思いますが反応が少し鈍かったようにも感じました。

なので、内にいる馬を外に出させないようにするというところができなかったから不利を受けたとも見えるかなと。

外に振られたところはもちろん前にいた馬の影響もありましたけど、そうさせないための走りができたかと言われるとそうではなかったと考えています。

反応のところは使って良くなる余地はありますけど、膨れるところはやはりちょっと嫌ですね。

特に京都ですから3角の坂から勢いついているのでただでさえ直線向くときやや膨れるところはあるので、スピード乗った状態で4角をきれいに周ってこれるかは怪しいのではとは思っています。

血統の字面的には距離は良いですけど、体型的には距離はうーんという感じですね。

当然力はあるのは理解していますが、勝ちきるかと言われると不安要素が多くて推せないなという印象です。

タスティエーラ

ダービー馬ですし、この馬も力があるのは理解していますが、京都のスピード勝負がどうだろうという感じですね。

ある程度好位で立ち回るので、先行押し切りというのが京都外回りでできるのか問題ですね。

ラストの脚はそれなりにはありますが、直線スピードだけ切り取ると劣ることは過去戦績からも分かるかなと思います。

なので、早めに抜け出す形になって残しきれるのかどうかというところではあるでしょう。

鞍上モレイラなので細かいところは気にしていないですので、後ろを凌げるかだけがポイントだと個人的には思っています。

サトノグランツ

一番ステイヤーっぽいのはこの馬ですし、京都より阪神っぽさはありますけど、ここで狙おうと思っていました。

がしかし、前走思ったより仕上げてきてめちゃくちゃ走っちゃったので余力が残っているかは怪しくなっちゃいましたね。

内がいい馬場の中で内から来たので、バイアス通りではありましたが、サヴォーナの勝ちパターンだと思いましたがそれを差しきったのは素晴らしかったと思います。

エンジンのかかりが遅いタイプではあるので、いつもゴール前でなんとか差しきるという形になっている感じかなと思います。

川田騎手が引き続き乗ってくれるところなので、そこは問題ないでしょう。

エンジンをしっかりかけて行けるかですね。

穴馬

ドゥレッツァ

上位に対して勝負権利があるのはこの馬くらいですかね。

連勝の上がり馬なので馬柱はきれいですけど、3歳馬がこの時期に3勝クラスを勝てるかどうかというのは一つその馬の力の指標になると毎年考えています。

2勝クラスと3勝クラスの間では大きな差があるのは間違いないですし、古馬混合になったときに2勝クラスは楽にパスして3勝クラスで何戦かかかるという感じなので、全体的に見てもそこの差は間違いないと考えています。

そこをしっかり一戦で勝ちきったのは力の証明というところですね。

血統的にもディープ≒ドゥラメンテなので舞台設定は悪くないですし、鞍上もルメールなのでそこはとても良いですね。

まとめ

以上になります。

3000mというどの馬にとっても未知な条件ですが、力、格の違いが適性で埋まるかどうかですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました