【マイルCS 2021】全頭診断 Part2

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ馬を紹介!本命派におすすめ!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

マイルCSの全頭診断Part2を書いていきます。

Part1は先日公開しておりますので、ぜひそちらも見て頂ければと思います。

では本題書いていきます。

グレナディアガーズ

本来ならばアメリカに持って行くプランでしたが、京成杯で結果出せず頓挫という感じですね。

アメリカに持って行くというプランだったため、仕上げとしてはメイチではなくある程度余裕を持たせたものでした。

なので、初古馬相手に力足らずだったとするのは少し違うかなとは思います。

朝日杯勝っているので舞台適性からは問題ないとは思いますけど、当時よりも馬場コンディションはタフですのでスタミナもう少し問われる現状でしょう。

気性的にも前向きですし、どちらかというとスピード寄りですので傾向からはそれているのかなという見解です。

前走はポジション中団からにはなりましたけど、それなりに好位で運ぶタイプですのである程度の安定感はあると思いますが、懸念点はNHKマイルの二の舞にならないかですね。

気性的に前向きというのがあるので、手応え余裕持って逃げ馬を捕まえてもそこで我慢させることが厳しいので早め先頭に立たざるを得ないと考えています。

NHKマイルでも同じ形で、先頭に立ち目標になりソングラインに捕まえられ・・・という感じでしたのでいかに目標にならないように直線抜け出してこれるか、早め先頭になっても最後まで粘れるかがポイントではありますね。

繰り返しにはなりますが、気性的に我慢はできないので目標にならないように乗れるかというのがポイントでしょうからテン乗り池添騎手がどこまでやれるかですね。

ケイデンスコール

以前はサウスポーではありましたが、右回りでも走れることは証明してきているので問題ないでしょう。

この馬の取捨が少し難しい印象でして、陣営は一線級相手では厳しいというジャッジでGⅡなどに対して全力で調整していると考えています。

なので、前走はかなり仕上げてきていた印象です。

そんな中で、ダノンキングリーやシュネルマイスターに対しては差をつけられているので能力差は見えたかなという感じですね。

休み明け実績が乏しいので叩いてのここというのは上昇してくるかもしれないですけど、乗り方、展開伴わないと厳しいでしょう。

サウンドカナロア

出てくるんですね(笑)

スプリント戦でも逃げているくらいですので、この馬が99%ハナ行くという想定でいいでしょう。

なので、能力的には足りないので変なペースで逃げず、少し難しいペースで逃げてくれたらレースとして面白くなるのでそれを期待したいなというくらいですね(笑)

ケガなく頑張ってほしいです。

サウンドキアラ

復調気配はレース前から情報としてありましたので、それを上手く結果に出せたというところは良かったでしょう。

ただ、前走時よりももう一段階上がらないとさすがに厳しい印象ですし、VMで2着になったときのレベルにあったとしても正直ギリ足りるかなというくらいのメンバーレベルですので、そこまで戻っていれば・・・ですね。

サリオス

GⅠ戦線歩んできて結果が出ずというところでなかなか評価は難しいですね。

結果だけ見ると通用しないとしたくはなりますね。

ただ、いつまで経っても馬体は緩いので完成形ではないというのが捨てられないポイントですね。

完成形ではないのは血統的にもそうですし、厩舎的にもそういう仕上げをする厩舎ですので、これまでの実績は仕方ないのかなと思います。

血統的にというのだと、父ハーツクライですので、一般的には晩成です。

母系にダンチヒをもっているので、そこでなんとか早い時期からある程度は走れるという状態でしょう。

兄弟、上にサラキアがいる血統ですが本格化したのは引退する最終年の秋でしたので母系的にもそういう傾向にあるところでしょう。

加えて堀厩舎もそこまで早熟に作らない厩舎ですね。

そこまで外厩で作らないという側面があるので、そういう晩成傾向にもあるのかなと思いますし、近年の競馬の流れにはやや反しているところでしょう。

ということでこれからの馬というのが考えられるところですね。

こればっかりは馬体などを見たりしないと難しいところではありますけど、一気に上昇はあっても不思議ない一頭ですね。

ややタフな馬場コンディションにあることもこの馬にとっては悪くないところでしょうね。

ダーリントンホール

厩舎的には買いたくないですけど、馬は今の傾向に対して悪くないのかなと思います。

展開が割と差しに向いたとはいえ、長欠明けでしっかり末脚は使えていたのでそれなりに評価はできていいと思います。

鞍上も武史から和田騎手ですけど、同じようにしっかり追える騎手ですし、関西騎手であるというのも悪くないでしょう。

和田騎手なので大外ぶん回しはやらないですし、どちらかというと狭いところを割ったり、進路空くのを待てる騎手ではあるので間からやってくるなんていう画はイメージできなくはないですね。

大外回したとて届く馬ではないので、ロスなく立ち回ってきてどこまで差を詰めて来られるか。

一発秘めている馬かなという見解です。

まとめ

以上になります。

書いているのが火曜ですが、日曜が雨降りそうな感じではあるんですよね。

今のタフな状態で雨降ったらなかなか反主流的要素が問われるのではないかなと思いますので、そっちでの想定もしておかないといけないですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました