【マーメイドS 2022】有力馬見解&穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<夏競馬の激アツ情報配信中!!無料予想が絶好調!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

マーメイドSの有力馬見解と個人的に気になる穴馬について書いていきます。

牝馬限定戦のハンデ戦ということもありますので荒れるレースでもありますし、過去配当見ていても高配当出ているレースですので、穴から入れるレースですので、穴から入る人は好きなレースでしょうね。

条件馬でも、ここを狙って出てきたりしている馬もいるのでハンデなど加味しながら考えていきたいと思います。

ということで本題書いていきます。

有力馬

ソフトフルート

もう一歩という感じの馬ですね。

頭数揃ったときは後方寄りから進め、末脚にかけるという脚質です。

なので、展開面であったりバイアスに左右されてしまうというところで、なかなか目立って結果が出ていないところでしょう。

川田騎手に乗り替わりになりますが、どう乗るかですね。

この馬のスタイルは書いた通りですが、川田騎手だともう少し前での競馬になるのかなとは思っています。

そうなったときに上手く走れるのかどうかですね。

逆にそこで競馬した方が実は良かったという可能性もあれば、全くダメという可能性もありますので、この乗り替わりがプラスになるのかマイナスになるのかは読めないところかなと思います。

この馬に限ったことではないですが、阪神開幕週ではありますが、ここ何年のロングランによって馬場が回復しきらなかったりしている印象があるので、どこにトラックバイアスが向くかというのが分かりかねるところです。

本来ならば開幕週なので、後方からになるこの馬はそこまで評価したくないですけど、もしかしたら内もかなり悪い可能性は否めないので、傾向次第な面はあるかなと。

母父キングマンボなので、馬場が悪くなっても問題ないですし、過去も悪い馬場の中で走っているので、雨予報の現状でも問題はないかなと思います。

ハンデ54kg自体は良いと思いますが、軽い馬たちが軽すぎて、横の比較で若干不利かなとは思います。

脚質などなど含めて人気してまで買いたいなとは思わないのが現状ですが、消しというわけにもいかない感じですかね。

クラヴェル

昨年2着というところですが、昨年とは斤量違いますので相対的に見てどうかという感じですね。

ディアデラマドレの産駒ですが、一発屋に終わることなく堅実に走ってきているかなと思います。

後方から構えてドンという脚質でノリさんらしい馬の育て方をしている印象ではありますので、北村友一騎手が同じように乗れるのかどうかですね。

ぽつんとは言いますけど、あそこでため込んでしっかり良きタイミングで伸びてくるというのは、ノリさんの感覚でもあるでしょうから、同じように乗るとなると北村友一騎手のセンスは問われるところですね。

個人的には先行させることが上手い騎手だと思っているので、馬と手が合うかというとNOかなと。

斤量では不利ですけど、軽い斤量馬たちが先行して、そこでペース多少早くなってくれたら後方から進めている馬たちにはチャンス到来ですし、過去10年のデータを見ていても1頭は中団以降から突っ込んできている馬がいるので、差し馬同士の争いで勝つか負けるか次第でしょうね。

実績はあるのですが、休養明けでもありますし、ピリッとしているかどうかですね。

マリアエレーナ

非常に能力高い馬だと思いますが、この馬は55kgなんですね。

先行する馬ではあるので、軽斤量の馬たちと一緒に先行すると斤量差負けしそうな感じは否めないですね。

キャリアの中で55kgを背負ったことがないですし、世代限定戦以外では54kgすら背負ったこともないので、ここでこの斤量を背負ってどうかというのはありますね。

馬格もある馬ではないですから、力は認めつつも、ハンデ負けしそうな感じは否めないですね。

前走は2200mで1ハロン長かったとは思いますので、短くなることで適性距離にはなると思います。

加えてペースもスローだったので、クロフネ産駒としてはハイで流れてくれたほうが向いているので、そういうところから考えると、なにも向かなかった一戦だと思います。

休養明けにはなりますが、馬体は大きくない馬ですから肉体的な仕上がりは問題なく来れると思いますので、あとはメンタル面がしっかりレースに向けて作っていけるかでしょう。

穴馬

ホウオウエミーズ

天候悪くなって馬場も悪くなってくれればですね。

馬場悪いときの成績が良いので、気付く人も多いでしょうけど、馬場が悪くなったときのパフォーマンスはかなり高いです。

脚質が後方からになるので、悪くなったとて外回して伸びないようなバイアスだと厳しくはありますけど、変わらないパフォーマンスが出せるということは覚えておくべきでしょう。

パフォーマンスを落とす馬が少ないとあまり強調できることではないですけど、多いのであるならば各日に抑えておくべき存在でしょう。

とりあえず雨乞いはしておきましょう(笑)

ヴェルトハイム

徐々にレースで勝ちきるための脚ができてきたので、この馬の成長は感じるところです。

前走3勝クラス負けていますが、中京コースの川田騎手の外枠は下手なので度外視して良いかなと思います。

そのおかげと言ってはなんですが、斤量51kgですのでラッキーと捉えましょう(笑)

母父Monsunということでドイツ血統にはなりますので、これくらいの時期から成長始まると思いますので、そこの上昇度に賭けみたいなとは思います。

逃げや積極的に先行したい馬や後方よりという馬が多くいるのでちょうどその間くらいにポジションを楽に取れそうなのは良さそうですね。

上手く先行勢を前に見ながら差してこられる位置につけられればかなり面白そうな印象です。

西村騎手でこの脚質の馬だと勝ちきるイメージは湧かないですけど、3着辺りに差し込んでくるかなという感じなので人気しないでしょうから、抑えておきたいですね。

馬場が多少悪くなってタフさ求められたほうが血統的にはベターでしょうから雨はそこまで問題にしなくてよいでしょうね。

まとめ

以上になります。

梅雨時期というのもありますので、天候がどうなるかですね。

あとは開幕週になるのでトラックバイアスもどう出るかはポイントでしょう。

これだけ難しい要素が揃っているので絞り切るのは難しいでしょうから広く流して、高配当抑えておくことが馬券は大事そうですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました