【ラジオNIKKEI賞 2021】全頭診断 Part2

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ馬を紹介!本命派におすすめ!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

ラジオNIKKEI賞の全頭診断Part2を書いていきます。

Part1は昨日公開しておりますので、そちらもぜひ見ていただければと思います。

では続きから書いていきます。

タイソウ

新馬のときから調教での時計が良く走れる体勢は初戦から出来上がっていたと思います。

ですが、調教よく見えるのはモーリス産駒あるあるな部分はあるので、完成度が高いかどうかはまた別になるでしょうね。

ノーザン生産馬でもないですし、モーリス産駒でもありますのでやっぱり完成度はまだ高いとは言えないかなと思っています。

それでも持っている素質はかなり大きいかなと思っています。

これまで5戦してきていますけど、早いペースを経験していないので今回そうなったときについていけるかどうかですね。

ただ、これに関して思うのはスローからの瞬発力勝負に強い血統ではないんですよね。

なので、これまで勝ちもありますけど自分の得意な流れで戦えているわけではないのかなと思っています。

Part1のグランオフィシエのところで似たような話をしたかなと思いますが、経験はしていないけど血統から流れたペースにしっかり対応できる、むしろ向いているというところがあるのでどう評価するのかは分かれるところかなと思っています。

ワンパンチ足りない感は否めないですが適性ありそうな流れになったときにもっとパフォーマンスを上げる可能性は考えておきたいですね。

デルマセイシ

スペシャルウィークの血が入っているので個人的には気になりますけど、これを買うくらいなら他かなと思っているところではありますね。

エイシンフラッシュ×スペシャルウィークというところなので揉まれるのは良くないと思います。

今回先行勢多そうではあるのでその点がどうかですね。

本来なら開幕週なので内で我慢して最後抜けるという形が理想かとは思いますけど、揉まれたくないことを考えると外目が欲しいところだと思います。

中京で2勝しているようなややタフなコース設計かつ直線の長いコースのほうが個人的には合っているのかなと思っています。

ネクストストーリー

出てくるのかどうかはわからないですけど、ミルファームなので出たいところでしょうね。

ミルファームだからと言って能力ないと見るのはやめたほうがいいでしょうね。

血統的にもタフなコースは合いますから、当日雨降っていれば面白い一頭かなと思います。

それでも重賞とは言え特に作りこむわけでもないと思いますので、メイチ度合いを考えると他を上に取るのが無難かなと思います。

福島の開催進んだときに出てくると狙えるかもしれないですね。

ノースブリッジ

東京がベストの馬ではないので前走の2桁着順負けは気にしなくていいでしょう。

逆に言えば、休み明け青葉賞で叩いてここ目標に作ってきていた説はあってもいいかなと思います。

逃げたことしかないので、逃げられなかったらどうかというところは非常にあるところですね。

同型はいるのでハナ争いはあるかもしれないですね。

岩田騎手ですし、主張していくようにはあまり思わないですのでどう組み立てるかですね。

馬場は葉牡丹賞のときのようにタフなほうがよいのは間違いないですから福島というのもプラスですし雨が降りそう?なのもなにもマイナスになるところではないですね。

開幕週で前に行けるということだけでもポジティブな面かなと思います。

プレイイットサム

新馬、未勝利と逃げて良績出していましたが、前走は控えて結果を出したというところは評価できる点ですね。

内容としても3コーナー過ぎから動かしていき早め先頭で凌ぐという良い内容だったと思います。

まさにミルコらしい乗り方だったかなと思います。

あの長い脚を使うのはまさに福島に大事な要素かなと思いますので、前回の走りと同じことができれば見せ場はできるかなと思います。

メンバーレベルは正直低かったので、今回ここでも通用するような次元かどうかは微妙ではありますね。

1勝クラスでも特別戦だと54kgなんですかね?

同じ1勝クラス勝ちよりも1kg背負わされるのはうーんというところですね。

繰り返しになりますけど外周っても大丈夫かどうかのトラックバイアス確認は必須かなと思います。

クロフネ産駒ですし内で溜めるのは向いていないので、内枠引いてもあまり歓迎には思えないですね。

リッケンバッカー

キャリア重ねてきていますし、そのほとんどがワンターンでの競馬ですのでコーナー4つになる今回はポイントですね。

そんなに操縦性の悪い馬ではないですのでコーナリングによってパフォーマンスを落とすことは考えにくいかなと思います。

なので、ワンターンのリズムで溜めていた脚が今回も同じように溜められるかどうかがポイントになって来るかなと思います。

このメンバー中なら末脚はトップクラスだと思いますので、同じように脚を溜められるようならば十分台頭できるでしょうね。

アーリントンで2着に来ているので力があることは疑いないですが、NHKマイル4着というのは道中ペースと構えて末脚一閃で差し込んできただけなので”GⅠで4着”という事実を必要以上に評価するのは危険かなと思ってはいます。

未勝利脱するのにも時間かかりましたし、そのことを考えると56kg背負いますので他の馬に負けても特に驚きはないかなと思っています。

まとめ

以上になります。

Part1に引き続きですけど、非常に難解なレースですね。

結論付けるのがなかなか難しいレースですので頭を悩ましながら週末まで考えたいところですね(笑)

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました