【ラジオNIKKEI賞 2021】全頭診断 Part3

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ馬を紹介!本命派におすすめ!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

ラジオNIKKEI賞の全頭診断Part3を書いていきます。

Part1,2は先日公開していますのでぜひそちらも見ていただければと思います。

では続きから書いていきます。

ロードトゥフェイム

中山で2勝したようにそういうコース形態があっていることは明白でしょうね。

スプリングSでは少し馬体も減らしていましたし、体勢がいまいちだったので仕方ないところでしょうね。

過去2勝はトラックバイアスや血統的にも向いてのところですが、最後しっかり差し切れるところはしっかり評価してあげたいですね。

他の馬ところでも何度も言っているところですけど、後方寄りのポジションになるということは開幕週で外回してどうなんだというところが大きいかなと思います。

加えて、ノーザン馬ではないので休養明けで体勢しっかり整えられているかもポイントになって来るかなと思います。

能力は認めるところですけど、トラックバイアスや体勢面で書いている現時点では不安があるのでちょっと評価はしにくいかなというところですね。

ワールドリバイバル

前にいけるというだけでも今回は良い点かなと思います。

同型がいるのでそことの兼ね合いにはなりますけど、行ければなかなか面白いと考えています。

津村騎手は僕のイメージでは行かせると結構いいイメージありますので乗り替わりにはなりますけど、騎手の特徴を考えると決してマイナスとは言えないかなと思います。

皐月賞はさすがに能力が足りないので負けは気にするところではないでしょう。

スプリングSもトラックバイアスなどが向かないなかしっかり粘っていますし、悪くない内容だったと思います。

皐月賞から間隔空いているので、立て直しが上手くいっていれば面白いと思います。

S~Mで逃げていく感じなので、早めに寄せられそうなところがなんとも懸念ではありますけど、行ききれれば見せ場は作ってくれるかなと思っています。

ワザモノ

面白い馬ではありますけど、そこまで強調材料はないかなと思います。

同じノルマンディーならロードトゥフェイムのほうが上かなと思います。

ヌレイエフを持っているので悪くはないですけど、距離的にマイル以下のほうがベターなのかなと考えているのでここは少し違うのかなと思っています。

どっかのローカルで走ってくれそうなので覚えてはおきたい一頭ですね。

ヴァイスメテオール

ルメールはどこに行ったんですかね。(笑)

夏休み取る人だったかどうか忘れちゃいました(笑)

ノーザン生産馬で珍しくサンデー系を持っていないというところで東京で勝ち鞍ありますけど、福島だったり中山なんかがあっているのでしょうね。

1勝クラスと前走プリンシパルSで出遅れている点がなんとも気になるところですね。

ノーザン馬なので溜めて末を活かすという教育は受けていると思いますし、木村厩舎なのでそういう調教しかされないので脚は使えるというところでしょうね。

キンカメ産駒ですし、トニービンの血も持っているというところでサンデー持ってないですけど末脚伸ばす競馬も十分できるというところでしょうね。

母父キングヘイローというところでヘイローやSirIvorの血がありますので、そこから俊敏さというのも出ているのでしょうね。

なので競馬の形は幅広く対応できるのかなと思います。

54kgでの出走ですけど、アサマノイタズラとかと2kg差ならば十分やりあえると思いますので有力視しても問題ないでしょうね。

ヴェイルネビュラ

んーーーーーという感じですね(笑)

大竹調教師が一時免許停止されていて手塚厩舎管理になっていますけど、助手たちは普通に活動できるんですかね?

先週のレースのコメントも助手が出していたりしてましたからその辺はできるのでしょうね。

ということは大竹厩舎のノウハウはそのまま使われているというのを考えると、あまり上がり目はないのかなと思っています。

戸崎騎手が乗らないことが捨てたのか降ろされたのかが分からないところですけど、田辺騎手になるところも特にプラスではないかなと思っています。

ただ、テン乗りのときの田辺騎手って今までやってない乗り方したりするのでその点が少し気になるところですね。

とは言っても正直能力抜けているわけでもないですし、一歩足りない中での55kgなので評価はし難いかなというのが現時点での考えです。

まとめ

以上になります。

これで書き終わりましたが、ここから大成していく馬がいるかと言われたらNOかなと思いますけど、なかなか粒揃いのメンバー構成かなと思っています。

それゆえになかなかどこまで評価して、どこから切るのかの線引きに少し苦労しそうですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました