【レパードS 2020】穴馬ピックアップ

重賞

こんにちは。

今日はレパードSの個人的に気になる穴馬について書いていきたいと思います。

ちょっと狙っていた馬たちがことごとく除外になってしまったので悲しい気持ちでいっぱいです。

代わりに抽選通った馬たちがうーんというのばかりなので期待しにくくなってしまいました。

その中でも、いろんな側面から見てワンチャンスありそうな馬を挙げていきたいと思います。

ケンシンコウ

ユニコーンSで3着馬と実績残しています。

多少展開ハマった感は否めないですが、それでもしっかり上位に食い込めるだけの能力があるということです。

近走では中団、やや後ろから競馬を進めていますが、好位からでも競馬ができる馬にはなります。

ただ、多少気性面で激しさがあるので道中いかにリラックスして折り合いつけて運べるかはポイントになります。

それを考えると無理に押していくよりも、出たなりの位置で折り合いをつけて運ぶことが予想されます。

枠次第にはなりますけど、位置としては中団のデュードヴァンと同じようなところになるのかなというのが予想です。

同じ位置からではさすがにデュードヴァンを逆転するのは厳しいと思いますが、馬券に入るだけの力は十分にあると思います。

ニュートンテソーロ

こういう〇外タイプは難しいですよね。

ミスプロクロスが3×4で入っていますから、あまりせかさず自分のペースで走ることが大事かなと思います。

全体的に頭の高い走りをしているので延長自体は問題ないと思います。

2走前のレースを見ていても、テンはそこまで速くないので少し押しながら中団やや後ろ辺りに付けて末脚を生かすという形で、3走前の出していく形よりもこちらのほうが良いと思います。

父母父がダンチヒ系なので揉まれたくもないですし、それを踏まえると6枠辺りなんか引きたいところですね。

今回からブリンカー着けてくるみたいですし、勝手なイメージですけどダンチヒ系やノーザンダンサー系強い馬のブリンカーって結構ハマるんですよね。

3走前の追い出したときも集中していない走りでしたので、効果はゼロではないと思います。

ブリンカーでの上がり目次第では逆転可能ではないでしょうか。

フリーフロー

今回ハマるとしたら後方かなと思ってあげます。

考えとしては、ミヤジコクオウが先団、デュードヴァンがその一列後ろと考えています。

なのでミヤジコクオウが捕まえにいったところを目標にデュードヴァンが追ってきます。

なので、タイミングとしては多少追い出しが早くなるのかなと。

それを考えると後ろで脚をガンガンに溜めてた馬が強襲できるのかなというイメージです。

ただの想定、願望が詰まりに詰まってるので当てにはならないですけど、最後強襲できる脚はありますし、丸田騎手の大外ぶん回しはなかなか強いですよ?(笑)

とんでもなく外回しすぎて掲示板はあるあるですけど(笑)

メイショウダジン

ちょっと足りないかなとは思いますけど非常に気になるので挙げておきます。

テンの入りはすごく遅いです。

ですが、向こう正面あたりからエンジンかけて進出していき、3コーナーからゴールまで同じ脚を使い続けられます。

ただ、他より早いというわけではないところが足りないところかなと。

ペースが緩んだり、他がバテていく中でずっと同じ脚を使うのでそこで他馬との差がでるところかなと思います。

勝ちはないですけど、なんとか3着の候補には十分上がると思います。

まとめ

以上になります。

除外になった馬の多くが今回人気するであろう馬たちを逆転できそうなのがいっぱいいたんですけど・・・

そうなるとちょっと3着が荒れるってくらいな気もしますね。

デュードヴァンかミヤジコクオウから軸を取って穴目に広く流すというのがベターかなという現在の検討です。

今回挙げた馬の中で一番気になる穴馬挙げておきますのでぜひチェックしておいてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました