【ローズS 2020】有力馬見解

重賞

こんにちは

ローズSについて書いていきます。

いつもは阪神の1800mで行われますが、今年は中京の2000mでの開催です。

データ派ではないので特に過去傾向は気にしないので純粋に中京2000mして予想していこうと思います。

トラックバイアス

中京はクセのあるコースだと個人的には思っていますし、トラックバイアスがころころ変わるところなので個々の馬に行く前に少しふれておきます。

土日の感じではペースにもよりけりですが、大体勝ちパターンは内から3,4頭目辺りに出した馬が伸びているかなというのが印象です。

一応土曜は少し柔らかい馬場コンディションで始まりましたからその辺も影響あるのかなと思います。

とりあえずその辺が伸びるとなるとポジションとしては好位から中団辺りの馬を狙っていくのがベターかなと思います。

あとはレース見ながら踏み固められた影響でラチ沿いが伸びるのか、はたまた外に寄るのかは見極めておきたいところです。

とりあえず先週時点のトラックバイアスで考えていきます。

想定人気

1番人気:デゼル

2番人気:リアアメリア

3番人気:クラヴァシュドール

4番人気:フアナ

こんな感じですね。

春の実績馬たちなので妥当かなと思います。

デアリングタクト以外は正直横一線の現状ではあるので混戦と言えますし、この人気になっている馬以外の台頭も十分あり得ると思います。

デゼル

オークスからの休み明けの一戦となります。

後方一気の脚質になるので展開には左右されるところです。

スタートが出ればもう少し前で競馬できると思うのですが、出遅れちゃうのでその辺が休んで改善されていれば勝負にはなると思います。

トラックバイアスが外寄りとは言え最後方では少し厳しくはあります。

豪脚があるとはいえさすがに展開向いてくれないと厳しくはあると思います。

ここは権利取って本番がメイチになりそうな感じはあります。

一週前コースでしっかり追われて、最終坂路でさらっとならば友道厩舎勝負パターンなのでそこで判断してもいいかなと思います。

リアアメリア

本当に終わってしまった馬なのでしょうか?(笑)

ディープ×米国型なので燃え尽きてしまった可能性や早熟というのは大いにあります。

中間の気配なんかも見て考えたいところではありますが、私は終わった馬というのに待ったをかける少ない人間です(笑)

若い時は気性が荒すぎて道中掛かりっぱなしでした。

それでも、最後はしっかり脚を使って差し切るというものでしたが、JFのときからその面がなくなってしまいました。

これが闘争心を失ったのか、落ち着いたのかというどちらかというところです。

前者ならば終わった馬と結論付けていいと思いますが、私は後者だと思っています。

オークスでも4着に走っていますし、溜めればしっかり走れるというのは証明しています。

まあ早熟というのは否めないので成長がないというのは厳しいところにはなりますが、しっかり溜めて末を伸ばす形に持ち込めば伸びてくれると思います。

あとは今年の中内田厩舎が調子悪すぎるのでそこだけが心配ですね。

ある程度調子悪い理由も私の中で仮説が立っていますけどね。

ということで同世代との戦いならまだ買えるというのが個人的評価です。

クラヴァシュドール

リアアメリアと同じく中内田厩舎の一頭ですね。

春まではそこそこ走っていて、ハーツクライぽいなという感じでした。

ハーツクライ×ジャイアンツコーズウェイというところで母父の影響もあって晩成型のハーツクライが早くからでも走れていたのだと思います。

なので、リアアメリアとは違って血統的にハーツクライの成長度という可能性を秘めているので使っていた春よりも上昇があるかもしれません。

春に馬体を減らし続けていた点が気にはなります。

リフレッシュされて馬体は戻るとは思いますが、春に体勢イマイチ整わず使い続けていたメンタル面への影響はあるのかなと思います。

メンタル面に関しては見えないところになるので、あまり言及しすぎるのも良くないですね。

書いている途中で思い出したのは、チューリップ賞を賞金足らずでメイチで作りこんであとは余力で臨んでいたというのがあります。

なのでオークスのパフォーマンスは度外視でいいとは思います。

いまいちミルコとの手があってるようにも見えないですけどね。

フアナ

この馬は能力あると思います。

フローラSではオークス出走権逃してしまい、出ることはできませんでしたが、乗っていたヒューイットそんも下手に乗ってしまったと言ってましたし、勝ち馬ウインマリリンもオークス2着なので善戦していたと思います。

当日の強風とばてないルーラーシップの特徴がマッチしたのもあるかもしれませんが、ばてないという点ではどの局面においても有効なので、風関係なく好走は可能でしょう。

初戦もアドマイヤビルゴに負けましたが、忖度負けのようにしか見えなかったですし、その後の未勝利も余裕でした。

休み明けの前走も内から抜けられても外からしっかりねじ伏せましたし馬体的な成長もあります。

トモの感じもシュッとしていますからディープの影響も受けていると思います。

持続力と末をしっかり兼ね備えていると思います。

今回からルメールに変わり、秋華賞までルメールという話です。

ということはそういうことですよ(笑)

まとめ

以上になります。

まあいろいろ書きましたけど、春からの成長度合いも気にはなるところですね。

ランキング紹介文に現時点での軸候補を書いておきますのでぜひチェックしてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました