【共同通信杯 2021】全頭診断 Part1

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<激アツ馬を紹介!本命派におすすめ!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

共同通信杯の全頭診断Part1書いていきます。

若駒重賞ですのでいつも通り書いていきます。

他のレースに登録ある馬もいたりしまが、とりあえず書いていきます。

登録では13頭ありますので、Part1,2に分けて書いていきますのでお願いします。

では書いていきます。

エフフォーリア

2戦2勝で臨んできますね。

東京での経験もありますし、舞台設定は問題ないですね。

前走はスローの流れからしっかり33.4使って勝ちきりましたから悪くなかったと思います。

今回も逃げ馬不在なのでペースもさほど上がらないかなと思います。

なので、逆にそこを経験できていることで掛かる心配もないのかなと思います。

遅すぎたらわからないですけどね(笑)

それでも、OP戦にはなりますのでスローといってもドスローまではいかないと思いますので、1000m61秒前後なら問題ないでしょう。

武史でずっと来ていますし、手も合うのでしょう。

鹿戸厩舎ってのが休み明けあんまりいいイメージないですけど、ノーザンで期待されていれば天栄でしっかり作られているでしょうね。

ペースのみならず頭数も多いのは経験していませんけど、今回も揃わなそうですのでその辺も変に揉まれておしまいというのも考えにくいところですね。

しっかり脚を使えますし評価は高いです。

ちょっと気になるのは、あまりにもディープ×ノーザンダンサー系が強い馬場ですので、近しい血統ではありますけどエピファネイアの台頭はあまり見られないのでその辺がどう出るかですね。

カイザーノヴァ

いい馬ではありますけど、ちょっと足りないかなと思います。

モーリスですから今の東京には合わないと思いますので、成長待ちといったところですかね。

条件戦からコツコツいって秋に期待してみたい一頭です。

キングストンボーイ

エポカドーロの半弟ですので思い入れのある人はいるでしょうね(笑)

前走はスローからの3ハロン勝負で33.6使っての勝利ですね。

多少馬場がタフなところで時計も若干かかっていたときですので、時計は見栄えしないですけど内容は悪くなかったと思います。

ドゥラメンテですのでもう少しきれいな馬場でやりたいところだと思いますので、今の東京くらいは合うと思います。

あんまりエポカドーロ、エポカドーロ言うのも悪いですけど、エポカドーロ自身もオルフェーヴル産駒ながら東京で走れたのは牝系の軽さもあってでしょう。

ドゥラメンテになりますのでその辺はより良馬場向きと言えるでしょう。

あとは早い時計にしっかり対応できるかどうかですね。

ちょっとよれたりもする馬なのでその面を見せなければ大丈夫でしょう。

シャフリヤール

初戦から仕上がりはそこそこにありましたから、勝ちきって余裕持ったローテを組めているのはよいでしょう。

走りのバランスはまだまだという感じではありましたので、休養入れてどこまで改善できているかはポイントですね。

良くなりそうな余地を残している馬なので、それがどこまでの状態にあるかで変わって来るのかなと思います。

全兄のアルアイン、ダノンマジェスティともにいい馬ですのでこの馬もいいところまでいけるでしょうね。

初戦は多頭数ではありましたけど、外枠から揉まれずに運べましたので内枠入ったときにどうなるかは気になりますけど、フルゲートでもないですし頭数も揃わないので乗り方次第では回避できると思うので気にしすぎなくていいかなと思います。

福永騎手ですので教えながらの競馬になると思いますので、勝ち負けできるような馬でも取りこぼすかもしれませんけど、いずれはいい方向にもっていけるので取りこぼしても内容さえよければ問題ないと思います。

1戦しかしていないので見えないところも多いので、評価は難しいですが走りのバランスはまだまだなので、そこが向上できているといいでしょうね。

ステラリア

クイーンC、条件戦と登録があるのでどこで出てくるかは現段階では分かりませんけど、書いていきます。

調教から動いてくる馬で、そこだけ見ていれば一線級ともいえるでしょう。

それでも勝ちきれていない面もあるのでレースにいったときの決め手がイマイチなのかなと思います。

キズナ産駒の牝馬ですのでマイルくらいがいいとは思いますが、決め手の無さを考えるともう少し短くても良いかなと思います。

あとは坂がちょっとダメなのかもですね。

この馬も条件戦からコツコツいってほしいですね。いい馬だと思いますから。

ステラヴェローチェ

ノーザンのバゴは走りますね(笑)

前走早い時計にも対応してきましたし、あの位置から伸びてきたのはこの馬だけですし、勝ち馬よりも強かったと思います。

馬場が悪くなっても走れますし、良馬場でも対応できることは証明しましたので特に死角はないかなと思います。

賞金持っているのでここ使ってくる理由はあまり分からないですけど、ここで走れればクラシックに乗せてダメなら春はNHKマイルという狙いかなと推測してみました。

いずれにしてもバリバリ作ってこないと思いますので、適性を見る1戦かなと思います。

よほどのだるだる仕上げではこない限りとびはしないでしょうね(笑)

死角はないといいましたけど、若干折り合いに不安は残るところはありますのでそこさえ問題なければでしょうね。

逆にスローをあまり経験していないので、今回の少頭数でペースも上がりそうになさそうなのでもしかしたら折り合いかいて自滅のパターンは無きにしも非ずと考えておきたいですね。

まとめ

以上になります。

頭数揃わない東京って寂しいですよね(笑)

ノーザンが勝ち上がるくせに使い分けで出てこないとかあるからですかね(笑)

東京でよーいドンになりそうなこのメンバーならやっぱり脚が使えるかになって来ると思いますので、過去使ってきた上りなんかを参考にここも予想を組み立てるといいかもですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました