【札幌2歳S 2020】全頭診断②

重賞

こんにちは。

札幌2歳Sの全頭診断Part2を書いていきます。

全頭診断Part1←こちらをクリックで飛べます

では続きを書いていきます。

ソダシ

新馬を危なげなく勝利しました。

ある程度初戦から仕上がっていましたし新馬見解でも推奨していました。

血統から見て母系がダートなので、ゆくゆくはダートが良いかもしれませんが牝馬のクロフネですから柔らかさもあって洋芝なら問題なく走れると思います。

走りがやや大跳びなので、札幌に変わるのも良いと思います。

走法も考えると内でストライド伸ばせず運ぶよりも、外でゆったり追走させたほうが良いでしょうから内枠入ると割引です。

血統的には悪い馬場でも問題ないと思いますが、走法からしてあまり歓迎ではないです。

なので、やってみないとにはなってしまいますが考えられるマイナス点をどう考えるかにはなるでしょう。

軸にはしないですし、内に入ったら消しくらいでもいいと思います。

バスラットレオン

陣営の評価が高いみたいですね。

初戦の走り方見ていても直線かなり力強かったですから、いい馬だなと思いました。

キズナ×ニューアプローチなので馬場が悪くなっても問題ないですし、走りを見ていてもこなせるでしょう。

初戦はスローの逃げだったのであんまり競馬自体は評価はできないです。

道中も舌を出しながら走ってリラックスしているというべきか、集中していないと取るべきか困りますね(笑)

結局逃げの手を取らなかったときがどうなるのかという感じにはなると思います。

あの綺麗な直線の走りを見ていると完成度は高そうだと思いますし、初戦よりペースは上がるのでそこに対応できれば勝負になると思います。

ピンクカメハメハ

初戦はいい走りだったと思います。

前半はさほどペースが早くなかったですが、向こう正面で捲られてペースアップしても軽く促しただけで付いてついていけましたし、直線も余裕ありました。

スピードがかなりある馬だなという印象を受けました。

馬場が多少荒れている中でそのスピードが使えるかというところでしょう。

良馬を輩出する母系ですし、この馬は素直に評価するのが無難かなと思います。

いつものように貶すポイントがあまり見当たらないです(笑)

ユーバーレーベン

初戦ゲートこそ出ませんでしたが、道中ポジション上げて最後もいい伸びを見せるというゲート以外は良い内容だったと思います。

ゴールドシップ産駒ですし、ゲートの遅さは問題ないと思います。

その後しっかり上がっていけてなおかつ最後まで脚を長く使えるかがこの産駒が大事なポイントなので、その点は初戦でしっかり示せていたと思います。

今回コーナー4つの競馬になりますけど、この産駒ならこの条件のほうが良いと思います。

今回気になるのは、ゴールドシップ産駒がいっぱいいることですね(笑)

同じような競馬をしたい馬が多いので他馬より先に自分の進路を確保できるかはポイントです。

戸崎騎手はあまり動いていく感じではないのでそこが気になるところにはなります。

直線内を突いてきそうな気がしている、、、(笑)

リキサントライ

距離が延びるのは良いと思いますが足りないかなと思います。

ヴィゴーレ

まだまだ粗削りだなという感じですね。

道中も頭を少しあげたり、コーナーも曲がり切れなかったりとそのへんが変わってきたら上まで行けると思いますが、現時点での完成度はまだまだかなと。

あれで勝ち切ったのは能力あると思います。

ヴェローチェオロ

言いにくいですね(笑)

ゴールドシップ産駒の連闘なので当日テンションには十分気を付けておきたいですね。

初戦は完全にゴールドシップ馬場だったので好走できる条件だったと思います。

馬場も荒れていますから好走は可能だと思います。

まとめ

Part2でなかなか面白そうな馬が多いことが伝わったかなと思います(笑)

ゴールドシップが多すぎて馬場次第では1~3着独占も十分考えられると思います。

ピンクカメハメハは十分に評価したい一頭にはなりますし、勝ち負けでしょう。

それ以外で現時点での本命候補をランキング紹介文に書いておきますのでぜひチェックしておいてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました