【秋華賞 2020】全頭診断③

重賞

こんにちは

秋華賞全頭診断ラストのPart3を書いていきます。

メンバー確定しましたがノーザン2頭が除外になるという仕組みですか?と疑いたくなるかのような結果ですよね(笑)

デアリングタクトが3冠のほうが後にプロモーションしやすくなりますし、まあJRA側としてもデアリングタクト応援でしょうね(笑)

そんなことは置いておきまして書いていきます。

ホウオウピースフル

デビュー時はブラストよりも操縦性があって柔らかさもあっていい馬だなと思っていました。

ただ、いまいち成長力が感じられない側面もありますし、一線級かと言われると現時点では違うかなと思います。

春にウインマリリンの2着に来てますけど、ダミアンレーンの上手さと直線風を受けないように走っていたところで好走できたのかなと思います。

馬柱が汚いのでさほど人気することないと思いますけど、穴としては考えていないですし、評価も低いです。

マジックキャッスル

穴人気しそうな一頭ですね。

距離うんぬん言われたりすると思いますが、後方寄りで脚を溜めて競馬するタイプなので、極端な長距離ではない限り折り合って運べれば問題ないと思います。

そういう意味ではしっかり折り合って道中も運べますし、溜めた分だけ最後は脚を使ってくれるので直線しっかり捌いて来れるかだと思います。

紫苑Sのレベルで差し切れなかったなどの評価もあるとは思いますが、こういうタイプは結局展開向くかどうかの話なので今回も抑えておく必要はあるかなと思います。

マルターズディオサ

この馬は正直めちゃくちゃ強いと思っています。

前に行っての最後の持続力は相当なものがあることは、チューリップ賞で仕上がり途上だったとは言えレシステンシアを凌ぐものがありますから相当だと思います。

ただ、使い減りするタイプのようなので前走一つ使っての上積みはさほどないかなと思います。

どちらかと言えば前走の出来をどこまでキープできるのかだと思います。

田辺騎手も前走の勝利騎手インタビューのときに少し自信があったように、京都2000mも向くと思いますし同じ走りをできればデアリングタクトを出し抜ける実力はあるというのが、私の評価でもあるのでいかにキープできるか、そこに尽きると思います。

ミスニューヨーク

いい馬だと思いますがGⅠではさすがに・・・という感じですね。

長岡騎手好きなので応援はしたいです(笑)

母父マンハッタンカフェが出ているのかなという過去戦績ですね。

ミヤマザクラ

どこまで成長しているのかによって評価は変わります。

春時点での私の評価を含めてこの馬について書いていくと、血統構成は2,3年前のとんでもない馬場で行われた菊花賞で好走したポポカテペトルと同じです。

なので、同じようになった桜花賞では好走できる可能性を言われていましたがそこまでの適性は見せられませんでした。

牡馬と牝馬での違いは大きいとは思いますが、ポポカテペトルのようなタイプではなかったというところです。

じゃあ、反対に牝馬なのでディープっぽくキレに寄っているのかなと思いきやそういうわけでもない。

道中のポジションが前寄りなのでそもそもキレタイプではないというだけかもですが、前に行って小脚を使うような感じです。

なので、この2点やその他の走りを見ても、パワーに寄っているわけでもなければ、脚をめっちゃ使うタイプではないという感じです。

なので春時点では中途半端。悪い馬ではないのでそこそこ走るけどそんなに強調するところがないというところです。

そこに鞍上福永騎手なので、まあそういうことですよね(笑)

なので、この中途半端なタイプから脱却できているかがポイントです。

ムジカ

秋山騎手なのでスー――っと差してきそうですが、前走はエピファネイア産駒がとにかく走っていた日だったので適性で好走できたのかなと思います。

リアアメリア

前走は渾身の本命でした。

終わったという多くの評価に対し、待ったをした見解を前走時出していましたので最高に気持ちよかったです(笑)

好位を取りにいくのも予想していました(笑)

前走時にも書いていたように折り合って運べるようになった点が大きいです。

それはオークスのときに少し出ていたところなのでそこから仮説は立てられましたし、2歳時のような気性面からくる爆発力は失われたかもしれませんが、競馬ができるようになって自分の力が安定的に出せるようになった点は大きいと思います。

能力では上位だと思いますが、買い時は前走だと思いますし、今回も好位で運ぶレースをすると思いますが勝てるかと言われたら疑問です。

結局川田騎手は自分の形に持ち込めないと力を出し切れていないのがここ最近のGⅠでの騎乗ぶりなので馬券内には来ても勝ちまでは考えられないという感じです。

まとめ

以上になります。

これで全頭書いてきましたがどうでしたでしょうかね。

まだ①、②見てない方はぜひ見て参考にしてもらえればなと思います。

競馬は考えるのが結構楽しいですからね、楽しんでいきましょう!

今回取り上げた中から気になる馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました