—————————————

無料登録で情報をゲットしよう!!

<調教やその日の激アツ馬を紹介!本命派におすすめ!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ターフビジョン】

無料登録はこちらをクリック

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【血統ウィナーズ】

無料登録はこちらをクリック

<帯を取るならこのサイト!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【UMAちゃんねる】

無料登録はこちらをクリック

いずれも無料簡単登録!

—————————————

【菊花賞 2020】全頭診断②

重賞

こんにちは

菊花賞の全頭診断Part2をやっていきます。

今日も出走確定している馬について書いていきます。

次のPartで抽選確定後の馬について書いていきます!

ビターエンダー

機動力や操縦性に長けているタイプかなと思います。

血統的にはオルフェーヴルに牝系が米国色強めという感じなので、操縦性も持ちつつ広いコースでのびのび走るタイプだと思います。

なので、東京で良績があるのかなとも思います。

それでいくと外回りコースは悪くないのかなと思いますがワンパンチ足らないと思います。

馬場も主流寄りなので少し適性がずれているかなと思います。

馬場がもっとタフになってくれば面白いですが先週日曜をベースで考えると良くて掲示板かなと思います。

ブラックホール

走るとしたらここかなと思います。

前走も狙い目かなと思いましたけど、イマイチ調子上がらずという感じでしたし、さすがに古馬相手では足らないという感じでした。

坂のあるコースよりも平坦がいいのは血統や戦績からも分かることなので京都は明らかに向きます。

少し折り合いに課題を持つ馬なので3000mの距離でいかに折り合えるかはポイントです。

あとは、鞍上も変わりますからそれが良いほうに出るのか。

クセの理解というところではマイナスにはなりますが、溜めて最後に賭けるみたいな乗り方は割と得意な騎手だと私は思っています。

成長力がそこまで感じられないですが、横一線のメンバーなのでハマりさえすれば突っ込んで来れると思います。

状態次第です。

マンオブスピリット

ルーラーシップなのでスタミナはあると思いますから、3000mになることは他の馬と比較すればマイナスは少ないかなと思います。

前走は菊花賞出れるのは分かっていたところで、特に仕上げてこなかったかなと思います。

少し気性的に悪いところが出始めているので、そこがなんとも気になる点です。

一度こういう面を出し始めると立て直すのに時間がかかるかなと思いますし、1週前の調教でもその面を見せていたみたいなので血統的には推せるけど、気性面でマイナスがあると狙いにくいなという印象です。

レクセランス

なかなか評価の難しい馬ですね。

ダンチヒの血が入っているので延長はプラスにはならないかなと。

変に流れに乗せて競馬するよりも、後ろで構えて最後に賭ける、展開待ちにはなりますけどそれが良いようには個人的に思います。

ロバートソンキー

いい馬なのは知っていましたし、凡走して条件戦でめっちゃ買おうと思っていたのに好走されてしまった・・・(笑)

買い時は前走って感じですかね(笑)

今回も意外と面白そうな存在ではあると思います。

ルーラーシップなのでスタミナあるというところと牝系が古いタイプなので3000mは問題ないと思いますし、他馬よりもパフォーマンスを上げると思います。

スローからのキ勝負よりも、多少タフでスタミナを生かせるような流れに持っていけるといいかなと思います。

漁夫の利よりも自分から動いていける力のある馬だと思うので騎手には期待したいですね!

新潟や中京にも持って行ってるので輸送も問題ないかなと思います。

ヴァルコス

前走はゆるゆる仕上げですね。

友道厩舎ですし、目標が決まっている場合は確実に叩いてきて本番メイチとやってきますから、ここでしょう。

ストロングは持続力だと思います。

このメンバーの中では最上位と言っても過言ではないと思います。

有名人馬主の馬はなんか好きにはなれないですが、さすがにそれを理由に嫌うにはもったいないと思います。

血統的にも、ノヴェリスト×ダンスインザダークというところで距離延長は問題ないと思います。

というかドンピシャだろと思います。

この距離ならコントレイルに立ち向かえるのではと思っています。

フィエールマンが勝った時のようなキレの流れよりも、昨年のようなタフな流れのほうが良いと思いますし、自分からしっかり動いていってほしいですしそれは鞍上も特徴分かっていますからやってくれると思います。

まとめ

以上になります。

コントレイルの相手は誰だと探すレースですが、3000mという異質な条件でもありますから自身との戦いにもなって来ると思います。

それはコントレイルしかりにはなるので、先週の秋華賞よりもワンチャンのワンチャンはあるのかなと思います。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました