【キーンランドカップ 2022】有力馬見解&穴馬ピックアップ

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<夏競馬の激アツ情報配信中!!無料予想が絶好調!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

キーンランドカップの有力馬見解と個人的に気になる穴馬について書いていきます。

この時期ですのでスプリント戦が多いですね。

メンバーざっくり見た感じだと、スプリンターズSに向けて何が何でも勝って賞金積みたいという馬はいないのかなという印象です。

なので、ある程度力通り決まる可能性は高いのかなという印象ですので、今回勝負度合いはファクターの優先順位からは少し下げて考えたいと思います。

ということで本題書いていきます。

有力馬

ウインマーベル

強いですね。

しっかりハイペースに対してつい行けるだけの道中スピードを持っていますし、そこからラストの脚も持っているので短い距離の適性は相当高いと思います。

脚質的にも幅広く、先行することもできますし、ごちゃつくならば少し下げて中団辺りからでも競馬ができるので、周りに合わせたりすることができるので安定感はあると思います。

今回は休み明けになりますので、どこまでできているかですね。

スプリンターズSには出られると思いますので、叩きなのか、確実に賞金狙ってそれ相応に仕上げてくるのかは情報集めが必要ですね。

平坦コースよりも少し起伏があったり、坂があったほうが良いとは思いますが、洋芝で適度にパワーを要してくれるので、その点は問題ないかなと考えています。

松山騎手がわざわざ来るあたりは、スプリンターズSまでの依頼が来ている可能性が高いかなと思いますので、それを考えるとここで無理をするというよりも、古馬相手にどこまでやれるかの試走の可能性も考えられますね。

欠点が少ない馬だと思いますので、あとは叩きかどうかがこの馬の評価に影響するくらいだと思います。

ジュビリーヘッド

勝ちきるイメージは湧かないですけど、堅実には走ってくれるかなというところです。

北海道に持ってきて、函館で2走していずれも2着というところですので、悪くない走りはしていると思います。

血統的にはカナロア×ディープなので、ディープの要素が入っていることを考えると、コーナー角が緩い札幌に変わる辺りは問題ないかなと思います。

カナロア産駒もどちらかというとスピード勝負できる平坦コースのほうが合っていますので、函館から札幌に変わることによるパフォーマンス上昇はあっても不思議ないと思います。

条件戦でのことですが、函館で3着して次走札幌で1着ということを考えると、先ほどのパフォーマンスを上げる可能性というのは信じても良いのかなというところです。

中団やや前あたりにポジション取るので、ペース次第でついて行くのか下げるのか判断できると思いますので、道中の判断といつ前を食いに行くのか鞍上の判断がかなり求められるかなと思いますので、その要素が関わっていることは念頭に置いておきたいですね。

安田隆行厩舎でこの条件ならば買っておいても良いかなと思います。

エイティーンガール

netkeibaの予想オッズでは3番人気になっていますけど、本当にそうなりますかね。

武豊人気にこうなっているだけのような・・

馬場が渋ってくれればですね。

良馬場だとどうしても足りないですし、馬場状態が悪化しているときに結果を残しているので、そうなってくれればですね。

溜めてドンの形はこの騎手と手が合うので問題ないですので、馬場だけですね。

トラックバイアスとしても、はっきり外有利という状況ではないので雨降って一気にバイアス変わってくれればに尽きますね。

穴馬

マイネルジェロディ

丹内騎手がメイショウに乗るので、鞍上未定ですがついに丹内、柴田大知から手が離れるというところですので、狙い目ですね(笑)

前走短期放牧明けで、牧場で乗っていたという話でしたがいまいちだったかなと思います。

ここにもう一度出してくるということは状態面は問題ないと思いますし、上昇もあると思います。

力はありますが、いまいちレースで出し切れていないとところです。

これが鞍上の問題なのか、単純にその程度なのかという見極めはいりますけど、それが分かる今回かなとも思います。

重賞で相手は強くなりますけど、持っている力を出しきれれば通用する余地はあります。

1月のカーバンクルSは特に強かったですから、あれだけ力を出しきれればですね。

トウシンマカオ

エイティーンガールよりもこっちのほうが最終的には人気上になりそうですけど、とりあえず穴馬として考えておきます。

東京1400mがベストコースで、マイルになると明らかに1ハロン長いという状況ですし、気性的にも延長は向かない感じなので、短縮の選択でしょう。

よくある、マイルは長いしスプリントは短いしという1400mタイプかもしれないですけど、気性的なところやスピードを持っていることを考えると対応可能かなと思います。

力は相当持っている馬ですから、ここでしっかり結果を出せると幅が広がるので結果を出せると良いでしょう。

心配点を一つ挙げるならば、揉まれるとイマイチという点ですね。

それを露呈したのがファルコンSですね。

母父スペシャルウィークなので、揉まれ弱い血ですので、両側に馬がいたりごちゃつくとパフォーマンスを落とす可能性が高いというところです。

ごちゃつきたくないところでスプリント戦ということを考えると、テン争いはどうしても激しくなるので、そこに巻き込まれると難しくなるだろうなという印象です。

なので、道中ストレスフリーで運びたいタイプなので外目の枠を引くのと、自分より外に先行するような馬がいなければ、ある程度パフォーマンスを出せる状況は作りやすくなるのかなと思いますので、枠並びにも注目ですね。

鞍上川田騎手ですけど、WASJで北海道に来るので、この馬に乗るためにというところではないので、依頼としては勝たせてという意図があるかもしれないですけど、この配置はめちゃくちゃ買えるというわけでもないですね。

それでも川田騎手なら上手く乗ってくれるでしょうからマイナスにする必要はないでしょう。

まとめ

以上になります。

結構メンバーが薄いですね。

ここで叩いてスプリンターズSへという馬もそこまでいなさそうですし、とりあえず調整しやすい北海道で調整してレースへという馬がいる感じですので、実力は混戦なのかなという印象です。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました