【クイーンS 2020】穴馬ピックアップ

重賞

こんにちは。

今日はクイーンSの個人的に気になる穴馬について書いていきたいと思います。

カリビアンゴールド

昨年の3着馬です。

なので、注目している人は多いと思います。

今年に入ってコンスタントに使われてきていて状態面がどうかというのは気になるところですね。

中間の気配は悪くないみたいです。

実は去年のこのレースで重要視していました。

というのも、去年の五稜郭Sの内容が非常によかったからです。

その時の鞍上が四位騎手なのであの形になったのかなとも思いますが、しっかり中団で溜めて4角辺りで進出し、勢いを持って直線を迎えるという形でした。

まさに、最近私が言っている札幌の好走パターンに当てはまるような競馬をしました。

なので、同様の競馬をすれば食い込めると踏んでいました。

そして、似た形を取って3着となったわけです。

前走函館で2番手で競馬をしましたが、今回好走するなら去年のようなレースをしたほうが食い込める可能性は高いと思います。

なので、スタートどこに位置取るかで大きく結果が変わるとは思います。

去年のような形をとれば。というところです。

アロハリリー

結構乗り難しい、気難しい馬みたいですね。

ここ何走かはなかなか結果が出ていないので足りないと思われがちかもしれませんが、気難しさが出ているのが原因だと思います。

重賞でもしっかり好位で競馬はできていますから、道中の追走というところではついていけています。

ただ、直線向いてからがさっぱりというところです。

気分次第というところで当てにはしにくいタイプにはなりますが、過去条件戦の走りを見ていてもここでしっかり勝負になるだけの力はあると思います。

道中ポジションをとしては好走パターンよりも一列前にはなってしまいますが、それでもしっかり走れば通用すると思います。

小倉で準OP→OPと連勝しているローテを見ると考えられることが2つあります。

1つは滞在競馬。もう1つは夏場に強い。

先に後者に関して言うと、夏以外でも良績があるので、これが特徴だとは言い切れない面はあります。

でも夏は牝馬という格言があるように、気温上昇に伴って体調がよくなるということはあることでしょう。

前者を重要視してみたいと考えています。

ただ、先週半ば辺りで輸送しているので早めに札幌に輸送したというわけではないので、どこまでリラックスしているかという見えないところと戦わないといけないですが、直前輸送よりはいいと思います。

リープフラウミルヒ

イメージとしてはカリビアンゴールドと一緒です。

中団で脚を溜めて4角手前で勢いよく進出しそのまま伸びるというイメージですね。

それが2,3走前しっかりできていたと思います。

カリビアンゴールドは前走前に出す競馬をしていますから、こっちのほうが好走パターンに当てはまる競馬をする確率というのは高いです。

小柄にはなりますけど、ステイゴールドの馬たちというのはガッツを持っていますから、臆することなく競馬を進めることができます。

歩幅で負ける可能性は否めないですが、最後までしっかり伸びてくれると思います。

鞍上も出身地なのでいつもこのシリーズ頑張るので穴馬筆頭とみてもいいと思いますよ(笑)

まとめ

以上になります。

最近いっている札幌の好走パターンに乗ってきそうな馬というのをピックアップしました。

調教などで最終的な仕上がりは見ておきたいですね。

いつも通りこの中で一番おもしろいなと思う馬をランキング紹介文で書いておきますのでぜひチェックしてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました