【レパードS 2020】人気馬見解

重賞

こんにちは。

今日はレパードSについて書いていきます。

平場のレースですと、3歳馬は古馬混合になっていますからここで3歳限定戦が来るとなんか違和感ですね(笑)

ダートの世代限定戦だと割と荒れるイメージがあります。

その背景にあるのは、自分の形で勝ってきた馬が多いので、その形に持ち込もうとして普段とは少し違ったリズムになったり、その形を取れなかったりで崩れる馬というのが多いからだと自分の中では仮定しています。

古馬だろうが自分の形に持ち込めなければ崩れるのは当然のことではありますけどね。

なので、いろんな形で競馬経験している馬というのが穴になってきたりするのかなと思います。

想定人気馬

1番人気:デュードヴァン

2番人気:ラインベック

3番人気:ミヤジコクオウ

某サイトの想定人気ではこんな感じですね。

10倍以内が3頭ということで結構人気が集中している感じですね。

1頭だけどうしても解せない馬がいるので、そこを私なりの見解を書いていきたいと思います。

デュードヴァン

前走同じく限定戦のユニコーンSで2着となりました。

東京1600mでの実績はありましたし、良い競馬をしていましたからあれくらいは走るのは当然でしょう。

ただ、前が結構早いペースを刻んで、この馬は出遅れての後方待機で直線一気といういかにもハマった競馬でした。

ミルコなので出遅れるかもねという見解を出していたら、案の定その通りになりました。

内で変に包まれることを嫌ってわざと出遅れたのかもしれませんが。

今回、ダートでは初めてのコーナー4つの競馬となり新潟も初です。

ずっと東京1600で使われてきたのでその辺の適性は非常に気になるところですね。

コーナー角がきつくなり、それを4回となると馬も初めて尽くしで対応できるかがポイントですね。

砂を被るのは問題ないですし、川田騎手なのである程度のポジションは取って来ると思います。

実績的には上位になりますが、同世代も条件戦を使って成長してきていますから、そことの能力差はしっかり見定めないといけないところです。

脚はある程度もう出し切っているところなので、良くも悪くもそこが分かっている感じです。

能力でいうと上位にはなると思いますが絶対的な存在ではないと思います。

ラインベック

この馬がこの人気は本当ですか?(笑)

いつも通りの血統人気ですか?

前走のパフォーマンスを見てダート適性ありです、と先週GCパドック解説が結論付けていましたけどまじで言ってるのという感情しか湧きませんでした(笑)

その話題の前走について振り返っていきますと、初ダートで砂を被らないように逃げて勝ちました。スローで。

これのどこを評価したらいいのでしょう。

ダートでも走れましたっていうだけですよね。

そもそも、決め手がないところをダートに矛先変えてごまかしたってだけですよね。

前走をダート的な流れを経験しているのならば、今回の気になるところは砂を被ってどうかだけで済みましたけど、あんなスローで逃げられたら適性もなにもあったものではないと思います。

簡単ににダート的な流れというのをレースラップで解説すると、テンの入りで10秒後半~11秒前半で入り道中もそこまで緩むことなく12秒台を刻み続け、最後3ハロン目で失速するというのが全体のよくあるレースラップだと思います。

それを踏まえてこの馬が刻んだレースラップを見ていくと、道中も大したペースを刻むことなく、最後の3ハロンがテンの2ハロン目を除いて、12秒前半の最速ラップを叩いています。

こんなののどこを評価したらいいのでしょうかね。

芝の流れのほうが近いです。

しかも、道中ノープレッシャーの逃げでこれですから逃げきれて当たり前です。

今回も前に行きたいと陣営は出していますけど、ついて行ったら道中で手応え悪くなって直線すら迎えられないんじゃないですかね。

もう一つの懸念点は逃げきれなかった時の内で砂を被った時の反応でしょう。

この馬に限った話ではないので、特に解説不要かなとは思います。

前走のメンバーも弱かったですし、世代限定で気配高くしている馬たちに勝てるとは到底思いません。

応援馬券やこの馬が好きだというなら止めないですけど、ここから入るというのは妙味含めても全力で止めたいところです。

ミヤジコクオウ

JDDで期待されていましたが地方の砂が合わずに敗戦となりました。

中央に戻って仕切り直しといきたいところでしょう。

牝系がエスポワールシチーを輩出していますから、その辺の影響が強いのでしょう。

ヴィクトワールピサのダートって個人的にはあんまり好きではないんですよね。

上級条件では通用していないと思います。

それでも、過去の戦いからは適性の高さは見せていますし、勝ち方も文句ないです。

小回りの小倉でも中団から差し切っていますから、小回りというところでも問題なしですし、一番死角がないのはこの馬だと思います。

栗東界隈ではこの馬の評価が高いみたいですし、逆らわないほうが良いとは思います。

ここの戦いまでは通用すると思いますけど、それ以降は期待しないほうがいいと思います。

なので、いろんな意味でここが買い時なのかなと。

まとめ

以上になります。

登録馬が多く抽選対象の馬もいますので、穴馬などに関しては出走馬が確定次第書いていきたいと思います。

冒頭にも少し書いたように、世代限定なのでどの馬にもある程度のチャンスはありますから全頭触れていきたい気持ちはあります。

そこは、私のモチベーション次第にはなりますが(笑)

いつも通りランキング紹介文に一番重視したい馬を書いておきますのでぜひチェックしてください!


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました