【皐月賞 2022】有力馬見解

重賞
—————————————

※おすすめサイトの紹介※

無料登録で3000円分のポイントを受け取ろう!

【ターフビジョン】

<オークスの激アツ情報公開予定!?>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【血統ウィナーズ】

<血統観点から大穴的中!!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

—————————————

こんにちは

皐月賞の有力馬見解を書いていきます。

GⅠで高配当が続いているので、人気に推されそうな馬の取り扱いの大事さはより身に染みるところですね。

レベルの高い馬が多いので、しっかり考えていきたいですね。

ということで本題書いていきます。

ドウデュース

弥生賞は負けはしましたが良かったと思います。

FS勝ちましたけど、マイルよりはもう少し長いほうが良かったので、この距離へはなんの不安も感じていませんでした。

3コーナー付近でロジハービンとボーンディスウェイがそれぞれ内外に来て一度下げざるを得なかったですが、しっかり4コーナーで溜めた分伸びることができていました。

最後ボーンディスウェイにブロックされて馬場のいい位置にスッと出せなかったので、その分のロスや展開、コーナーでの若干の不利が重なって最後は届かなかったかなと。

いろいろあったレースですが、勝たないといけないレースでもなかったですし、凡走したわけでもないので負けたことによって悲観的になる要素は何一つないと考えています。

力は持っている馬なので全然問題ないですね。

ちょっと一つ気になるのは友道厩舎がここを狙って来るのかということですね。

友道厩舎のイメージとしてはダービーのイメージありますので、弥生賞こそ使いましたけど、ダービーまであることを考えるとここにメイチで来るのかは疑問ですね。

近い話を出すとワグネリアンも展開などなどあったにせよ、結果を出したのはダービーでしたし、皐月賞の調整も ???という感じだったので可能性としてはあるのかなと思っています。

中間含めての調教過程をしっかり押さえて状態面のチェックをしておきたいですね。

イクイノックス

強いです。(笑)

ただ、いろいろどうなのかってことですよね。

東スポ2歳からの休み明けですからね。おおよそ5か月。

近年のトレンドではありますけど、さすがにここまで間隔空けてGⅠってどうなんだいってことですよね。

木村厩舎なので、完全天栄お任せで、その天栄から帰ってきた仕上がりをいかに崩さずに出すかに注力している厩舎です。

ということで、天栄がしっかりと調整できているかにかかっているわけです。

平場なら長欠明けの馬を走らせることはやっていますけど、GⅠでここまで間隔空けて出すということはほとんどやってないことですので、初の試みでそれができるのかってところでしょう。

あとは広いコースでスローからの瞬発力勝負しかやってきていないことですね。

血統的に小回りへの適性は問題ないかなとは思いますが、経験値としては全くないのでそこの違いがどうか。

そして、道中ペースも全く違いますから、早いところに行ってこれまで見せてきたパフォーマンスを発揮できるのかどうかというところです。

東京とは全く別の適性が問われる舞台ですし、ペースも前傾になることがほとんどのこのレースですのでそれを前で競馬したときにはパフォーマンス出せないということはよくあることですし、この皐月賞で凡走する人気馬のパターンですね。

ペースが早くなろうと後方で構えて最後直線一気をやってもいいかもしれないですけど、ルメールがそう乗るとも思わないですし、直線一気で届くようなトラックバイアスでもないので、流れた中でどういう競馬を選択して、パフォーマンスを出せるのかというところですね。

馬単体で見れば相当強いですけど、今回のレースで本当にやれるのかは疑いたくはなりますね。

ダノンベルーガ

この馬も末脚抜群ですね。

共同通信杯ではしっかり勝って、ここに向かってきていますから近年の王道ローテに乗っていますね。

スローからの瞬発力勝負で広いコースしかということだとイクイノックスと同じですので、この馬の場合もそこがどうかですね。

堀厩舎なので、筋肉量豊富に作って来るイメージなので厩舎特徴からは向くとは思いますが、ここを完成形に持って来る厩舎でもないので、現状は東京のほうが向いているのかなとは思っています。

今は東京でのびのび走らせることがベターで、キャリアを重ねるごとに徐々にパワー寄りに変わっていくのかなと思います。

なので、本質的にはこの舞台悪くはないですが現状はまだ違うかなというところです。

川田騎手に変わって、ある程度ポジションを取っていくような競馬をするとこれまで経験してきたリズムを崩して凡走になりかねないので、この馬のリズムを大事にして乗ってくれるかはポイントにはなってくるでしょう。

個人的には、川田騎手は小回りコースあんまり上手に乗れないイメージなので外からねじ伏せに行って勝ちきれるかどうかでしょうね。

まとめ

以上になります。

netkeibaの予想オッズでは上位勢はかなり割れていますね。

キラーアビリティなんかもいますし、アスクビクターモアもいるので今回ここでは書かなかったですけど、この馬たちの評価もかなり大事になってくるので、そこはしっかり考えないとですね。

今回取り上げた中で注目している馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひ参考にしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


中央競馬ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました