【神戸新聞杯&オールカマー 2020】穴馬ピックアップ

重賞

こんにちは。

今日は日曜の重賞それぞれ穴馬をピックアップしていきたいと思います。

個人的に面白そうな馬を挙げていきますのでぜひ参考にしてください。

神戸新聞杯

パンサラッサ

この馬は能力あると思います。

今回コントレイルがいるのでホープフルのときのようにラビットにならないことを祈っています。

逃げても悪くはないと思いますが控えたほうが良いと思います。

今回非根幹距離というのもこの馬にもいいところかなと思います。

前走しか非根幹距離での実績はないので確信があるわけではないですが、血統からはそう感じます。

ロードカナロア×モンジューというところで、カナロアのキングマンボ系は母系の良さを引き出します。

モンジューはサドラーズウェルズ系になるので、根幹距離よりも非根幹距離でのパフォーマンス向上が見込めます。

雨が降って馬場が渋れば最高だったのですが、週末は金曜に少し雨降る以外天気は良さそうなので残念なところではあります。

ただ、中京なので水はけはめちゃくちゃいいわけではないので少しでも力のいる馬場になるのは良さそうです。

ラビットにならなければ。それに尽きます。

メイショウボサツ

中京専用機っぽいですよね。

勝ち鞍が中京ですし、同距離でも勝ちを挙げています。

馬場もディープが来るような馬場ですし、先週の日曜に関してはエピファネイア祭りでしたからその傾向が続くとこの馬にも十分台頭の余地があると思います。

普通に考えれば中京開催なので条件戦使ってくると思いますが、わざわざコントレイルが出てくるところに当ててくるのは上位が狙えると思って出してきていると思います。

ここ勝って菊花賞に向かうというよりはここが一番良い舞台と考えての出走だと思います。

相手も揃ってはいますが、先週のムジカのように差し馬なら進路さえとってしまえば台頭できる馬場でもありますから、この馬の末を生かすことができれば通用すると思います。

オールカマー

クレッシェンドラヴ

フィエールマンが回避したことによって穴という感じではなくなるかもしれませんが十分に通用する力はあると思います。

福島で良い成績は残していますが、中山でも十分に走れます。

個人的には福島と中山はリンクすると思っていますし、それはコース形態見ても似ているので分かっていることかなと思います。

時計がかかっている今の中山も向きますし、ステイゴールド×サドラーズウェルズ系なのでこの非根幹距離でも何の問題もないですし、むしろ向いているといえます。

GⅠではさすがに勝負にならないと思いますし、秋のGⅠ出るとしても適鞍は有馬くらいしかないですからここは全力投球だと思います。

似たようなポジションの馬が複数いますので、その馬たちよりも前にはいたいですが馬のリズムを崩しては元も子もないので、後ろになっても先に動いて良いポジションを確保することが大事になると思います。

騎手もずっと乗っていますし、その辺は分かって乗ってくれると思います。

まとめ

以上になります。

神戸新聞杯もコントレイルがいますし、オールカマーも頭数がいないのでなかなか難しくはありますが、前者はコントレイル以外は横一線ですから穴馬の台頭はあると思います。

後者は、大きく荒れることはないかなと思うので上手く勝ち負けできる馬と連下に来る可能性のある馬を選別して組み立てたいところですね。

神戸新聞杯の穴馬をランキング紹介文に書いておきますのでぜひチェックしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました